アプリケーション ライフサイクル管理

モダン アプリにはモダン ライフサイクルが必要

かなり以前から、Visual Studio はソフトウェア開発組織が開発、テスト、プロジェクト管理、および運用チームを分離する、柔軟性に欠けた、プロセス指向のアプリケーションから抜け出すことを可能にしてきました。マイクロソフトのアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) へのアプローチはチームのニーズに適合する柔軟でアジリティを高めることのできる環境を提供し、役割間の障壁を取り除き、プロセスを効率化するため、高品質のソフトウェアをより速く、より効率的に提供することに注力できます。ソフトウェア開発がビジネスの成功にますます重要になっている世界において、Visual Studio が実現する ALM 原則はこれまで以上に大きな意味を持つようになっています。

アジャイル計画

アジャイル開発手法によって、プロセス管理ではなく価値を作り出すことに集中できます。リスクを最小限に抑え、成果を最大限に発揮するために、アジャイル手法はビジネス目標と密接に連携し、開発、テスト、プロジェクト管理、運用の全体に適用される必要があります。Visual Studio ALM は、自分のペースでアジャイルなアプローチを受け入れるために役立つ、柔軟で統合されたソリューションです。統合されたツールは、バックログの管理、スプリント計画、アジャイル ポートフォリオ管理、毎日のスタンドアップ ミーティング、軽量な要件、およびかんばんボードをサポートしています。チーム全体のコラボレーション、可視性、および情報共有が高まることにより、開発者は企業が本当に必要とするものをより速く、低いリスクで提供できるようになります。

詳細はこちら

ソフトウェア品質

品質は顧客との強力なリレーションシップを構築し、効率的な事業運営を確実に行うために必要不可欠です。ユーザーは欠陥のないソフトウェアを要求するだけでなく、機能性品質、パフォーマンス、使用性、使いやすさも要求します。開発プロセスで後から補足してこれらのニーズを満たす方法では、リスクが非常に高く、提供するサイクルが遅くなります。

Visual Studio はスピードを犠牲にすることなく高品質のソフトウェアを提供するのに役立ちます。手動テスト、自動テスト、探索的テストなどのテスト以外にも、開発サイクルのすべての手順でロード テストとラボ管理を導入することによって、開発とテストの間の障壁を取り除きます。これらのテスト ツールによってキャプチャされる詳細な情報は、統合された ALM ソリューションに格納され、開発環境にある開発者に提供されるため、バグが再現しやすくなり、開発プロセスを通じて品質を保証することができます。

詳細はこちら

チーム コラボレーション

ソフトウェアの作成はチームで協力する作業です。チームの各メンバーは、必要なときに、現在のタスクの状況において、正しい情報を持っている必要があります。Visual Studio は開発者、テスト担当者、プロジェクト マネージャー、製品所有者、および IT 専門家のコラボレーションをサポートします。コード レビュー、コードのコメント付け、関係者のフィードバック、および要件定義などの共同作業は、対象の組み込みツールでサポートされています。また、新しいチームのルームはコミュニケーションを強化し、プロジェクト アクティビティの永続的なアーカイブとしてキャプチャします。

詳細はこちら

DevOps

アジャイル手法は開発時間を大幅に短縮することができますが、運用面で速い歩調を維持することはより困難となる可能性があります。また、プロセスも運用から開発に向かって効率化される必要があります。開発チームがすばやく応答し、ビルド - 評価 - 学習のサイクルを改善するには、実稼働環境での使用に関する情報と問題を把握することが重要です。Visual Studio は ALM を運用面に拡大し、リリース管理と自動化を容易にして、運用面への適用を加速します。運用環境で実行可能な診断の結果をキャプチャし、それらを開発者に提供して、実稼働環境での問題を再現し、解決できるようにします。Visual Studio Online に統合された Analytics ソリューションを使用して、ALM ソリューションと統合することにより、開発チームは実稼動からリアルタイムの使用に関する情報に直接対応することができます。その結果、顧客に提供される価値を高める、ビルド - 評価 - 学習の成功サイクルが作成されます。

詳細はこちら