アプリケーション開発

既存のスキルを使用して複数のプラットフォームでアプリケーションを作成する

Visual Studio はデスクトップ、Web、デバイス、およびクラウドを対象とするアプリケーションを開発するためのツールとサービスのコレクションです。初めて Windows ストア アプリを作成する場合でも、最新のブラウザーをサポートする Web サイトを構築する場合でも、Visual Studio の .NET 言語、HTML/JavaScript、および C++ 用の最新の開発環境で既存のスキルを活用することができます。複数のプラットフォームで作業するチームのために、Visual Studio には Eclipse や Xcode などの他の開発ツールを柔軟に受け入れるコラボレーション環境が用意されています。

Windows

Windows デスクトップ アプリ、Windows ストア アプリ、および Windows Phone アプリを設計、コード化、デバッグ、最適化、テスト、およびインストルメント化するために役立つ包括的なソリューションで、プレミアムなコンシューマー エクスペリエンスを作成したり、ビジネス アプリケーションを最新のものに作り直したりすることができます。Windows プラットフォームを対象とするツールの豊富なコレクションによって、C#、VB、C++、JavaScript などの言語での既存のスキルを使用して、ほとんどすべての Windows デバイスを得られる没入型のアプリケーションを作成できるようになります。

Web & クラウド

Visual Studio を使用すると、内部設置型またはクラウド内で実行するアプリケーションを柔軟に作成できます。Windows Azure へアプリケーションとスキルを簡単に移行したり、お客様のニーズのために両方の世界の長所を活かすハイブリッド アプリケーションを構築したりすることができます。Visual Studio の統合された Web ツール (HTML5、CSS3、JavaScript、および jQuery の完全なサポートなど) によって、従来のブラウザー、最新のブラウザー、およびモバイル ブラウザーに適応する最新の対話型の Web アプリとサービスの作成が可能になります。ブラウザー リンクや Page Inspector などの機能によって、ほとんどすべてのブラウザーで同じものを実行し、表示する、クライアントおよびサーバー Web アプリの作成が大幅に簡素化されます。

基幹業務アプリケーション

.NET プラットフォームで、Visual Studio には強力でスケーラブルなビジネス アプリケーションを効率的に作成し、それらをデバイスおよびクラウドに拡張するための包括的で柔軟性に富んだソリューションが用意されています。また、Visual Studio は Microsoft SharePoint および Microsoft Office に基づくカスタム コラボレーションおよび生産性ソリューションを作成するためにも役立ちます。さらに、Office 365 クラウド ビジネス アプリを使用することにより、Office 365 および Windows Azure の豊富なプラットフォーム機能を活用してビルドできます。

クロス プラットフォーム開発

チームがさまざまなプラットフォームを対象とするソフトウェアを開発するために Eclipse や Xcode などのさまざまな開発ツールを使用している場合でも、Visual Studio Online または Team Foundation Server のアプリケーション ライフサイクル管理サービスが 1 つに統合された柔軟なコラボレーション環境を開発チーム全体で利用できます。HTML5 とネイティブのどちらのクロス プラットフォーム アプリケーションでも、Windows Azure でホストされるサービスや仮想マシンを 1 つにまとめたバックエンドを利用できます。また、 Visual Studio のグローバール パートナー エコシステム (英語) には、.NET のコードとスキルを活用して Android や iOS のデバイスでネイティブ アプリケーションを構築できる Xamarin など、ほかにもさまざまなクロス プラットフォーム機能が用意されており、Visual Studio と完全に統合されています。