Team Foundation Server 2015 Update 2

Last Update: 2017/10/30

2016 年 5 月 5 日

Microsoft は本日、Visual Studio Team Foundation Server 2015 Update 2 の提供を開始したことをお知らせします。 これは、Microsoft のアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) ソリューションの中核を成すコラボレーション プラットフォームである Team Foundation Server (TFS) の最新バージョンです。

Team Foundation Server は以下のリンクからインストールできます。

Team Foundation Server 更新プログラムの最新バージョンをダウンロード

注: Team Foundation Server 2015 Update 2.1 には、Update 2.0 以降のいくつかのバグ修正が含まれています。 修正プログラムの一覧に関しては、KB3160281 を参照してください。 必要に応じて、一致するバージョンが必要な複数のアプリケーション層などの構成用に、引き続き Team Foundation Server 2015 Update 2.0 をダウンロードできます。

その他の関連するダウンロードの詳細については、ダウンロード ページを参照してください。

Microsoft では、皆様からのフィードバックをお待ちしております。 問題が見つかった場合は、Visual Studio の [フィードバックの送信] オプションからご連絡ください。 ご意見やご要望は、UserVoice からお寄せください。

Team Foundation Server 2015 Update 2 の新機能

機能の更新:

チーム プロジェクトの作成と削除の操作が改善された

チーム プロジェクトの作成と削除を、Web 操作と REST API 経由で行うオプションが提供されています。 これらの改善により、Visual Studio Team Services と Team Foundation Server の間で、プロジェクト管理の操作の共通性が向上します。 チーム プロジェクトを作成するアクセス許可を持っているユーザーは、コレクション管理ビューまたはナビゲーションのドロップダウン リストからチーム プロジェクトを作成できます。 詳細については、「チーム プロジェクトの作成」を参照してください。

Web エクスペリエンスと REST API から、チーム プロジェクトを作成したり削除したりできるようになりました。

同様に、チーム プロジェクトを削除するアクセス許可を持っているユーザーは、コレクション管理ビューからチーム プロジェクトを削除できます。

チーム プロジェクトはコレクション管理ビューから削除できます。

Release Management: 新機能とその強化点

  • 新しいバージョンの Web ベースの Release Management。 Release Management は TFS に統合されました。 別個のサーバーまたはクライアントをインストールせずに、TFS Web アクセスのリリース ハブから Release Management の機能に直接アクセスできます。 この新しいバージョンの Release Management は、以前のバージョンより簡単に使用でき、TFS の新しいビルド システムと同じインフラストラクチャと操作に基づいています。
    • オンプレミス サーバー、SCVMM 管理または VMware 管理の仮想マシン、Azure へのアプリケーションの展開を単純化します。
    • 環境への展開を順番に、または並列にトリガーするリリース定義を設定して、展開を制御します。 作業項目、コミット、ビルド、リリースがどの程度展開されているかを追跡します。
    • 失敗したテストのバグを作成できます。 バグの中では、エラー メッセージやスタック トレースなどのデバッグ情報が自動的に設定されます。

この新しいバージョンに関するドキュメントと最近のいくつかのブログ投稿記事があります。

  • VMWare との統合のための新しい拡張機能。 Visual Studio Team Services または TFS から VMWare vCenter サーバーに接続して、vCenter で管理されている仮想マシン上でスナップショットを作成、削除、適用します。 VMWare で管理されている仮想マシンの場合は、クリーン スナップショットに動的にプロビジョニングまたは復元してから、展開するビルド定義とリリース定義を作成します。 Marketplace からこの新しい拡張機能を取得します。
  • System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) の新しい拡張機能。 SCVMM サーバーに接続して、SCVMM 管理コンソールで管理されている仮想マシン上でスナップショットを作成、削除、適用します。 TFS Lab Management から主な機能の 1 つをレプリケートできるようになり、SCVMM で管理されている仮想マシンをクリーン スナップショットに復元した後、その仮想マシンに展開するビルド定義とリリース定義を作成できるようになりました。 Marketplace からこの新しい拡張機能を取得します。
  • ビルドの概要の展開セクション。 この新しいセクションには、Release Management を通してビルドが展開された環境の一覧が表示されます。 このセクションから新しいリリースを作成することもできます。

環境とビルドが成功したか失敗したかのリスト

  • リリースを作成し展開するときにターゲット環境を設定する。 自動展開をオーバーライドする機能が追加されました。 特定の環境への自動展開をオフにする場合は、[新しいリリースの作成] ダイアログ ボックスの [自動展開] セクションに移動します。セキュリティ上の注意: 異なる環境での展開フローのグラフを編集する柔軟性は、引き続きリリース定義の作成者だけに限定されます。

[リリースの新規作成] ダイアログには、リリース作成後の展開をトリガーするオプションがあります。

  • スケジュールに従って新しいリリースを作成する。 新しいリリースを作成するスケジュールを設定できる機能が追加されました。 スケジュールされた時間になると、成功したビルド成果物の最新バージョンが選ばれます。 リリースが作成されると、環境で構成された展開条件に基づいて、それらの環境への自動展開が決定されます。 新しいリリースを作成するためのスケジュールされたトリガーを構成するには、リリース定義の [トリガー] タブに移動します。

[トリガー] タブで [スケジュール済み] というラジオ ボタンを選択します

テスト結果をリリース概要で確認する

テストの質を確認し、テスト結果を分析するため、リリース概要の [テスト] タブに、テストが実行された各環境のテストのステータスが表示されます。 ステータスには、特定の環境で、またはすべての環境のリリース全体で成功したテストと失敗したテストの数、成功率、テストの継続期間が含まれます。 リリース概要ページを離れることなく、エラー メッセージ、スタック トレース、テストの添付ファイルを確認して、失敗したテストを検出できます。

リリースの概要の [テスト] タブには、各環境のテスト状態が表示されます。 テスト品質を確認し、結果を分析できます。

ボード上のカードの並べ替え

チームの作業に合わせてボードを最適化します。 列を変更するときにカードを並べ替える方法 (制限なく並べ替えるか、バックログの順序に厳密に従うか) を指定できるようになりました。

作業項目の削除

作業項目を削除できるようになりました。ごみ箱機能も備えています。 この機能は、[削除] 状態に代わるものです。 削除を固有のアクセス許可として実装しました。これにより、この機能に誰がアクセスできるかを細かく制御できます。

作業項目の削除が [削除] 状態に置き換わります

グローバル ショートカット キー

コード ハブと作業ハブ用のキーボード ショートカットが用意されています。 キーボードから手を離すことなく移動できます。

コード ハブと作業ハブ用のキーボード ショートカット

ダッシュボードの編集モード

すべてのダッシュボードに編集モードという新しいモードが追加されました。 編集モードを選ばない限りウィジェットは移動しません。これにより、ウィジェットを "誤って" 移動するリスクが減ります。 編集モードでは、新しいウィジェットを追加することに加え、ウィジェットを削除、再配置、構成できます。

編集モードでは、ウィジェットを誤って変更する操作を防ぐことができます

ダッシュボードの自動更新

5 分ごとに特定のダッシュボードを自動更新するオプションが追加されました。 これは、ダッシュボードをテレビ モニターや廊下のスクリーンに表示して常に最新の状態を保つために便利なオプションです。

5 分ごとにダッシュボードを自動更新するオプション

ダッシュボード カタログのビルド ウィジェット

ダッシュボード カタログからビルド履歴のグラフを追加する新しいオプションを使用すると、ダッシュボードから直接ビルド定義を構成できます。 検索性の向上と、ダッシュボードへのさまざまなグラフの追加を容易にする取り組みについて詳しくは、ダッシュボードの未来のブログをお読みください。

ダッシュボード カタログ内の作業項目クエリのグラフ

ウィジェット カタログから作業項目クエリのグラフをダッシュボードに追加できます。 これらのグラフは構成可能です。 ダッシュボードのコンテキストのままで、クエリ、グラフの種類、視覚化オプションを選べます。 グラフの種類には、円グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、積み上げ横棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ、積み上げ面グラフが含まれます。 データをピボット テーブルに表示することもできます。 さらに、引き続き作業ハブの [グラフ] タブからグラフを追加して、これまでどおりの方法で構成することもできます。

作業項目のクエリ グラフをダッシュボードに追加できます

@mentionsと #ID

@ 記号を使用して、プル要求ディスカッションで誰かにメンションを付けることができるようになりました。これにはコミットの変更セットとシェルブセット ディスカッションが含まれます。

ディスカッションで誰かにメンションを付けると、相手はメール通知を受け取ります。そこには、ディスカッションと、プル要求、コミット、変更セット、またはシェルブセットへのリンクが含まれます。 ユーザーのメンションはクリックでき、ID カードと詳細な追加情報が表示されます。 プル要求、コミット、変更セット、またはシェルブセットへのアクセス許可を持たないユーザーにメンションを付けると、@mentionが失敗したことを知らせるメールが届きます。

さらに、# 記号を使用して、プル要求ディスカッションで作業項目にメンションを付けることができるようになりました。これには、コミットの変更セットとシェルブセット ディスカッションが含まれます。

それらの作業項目はクリックでき、クリックすると新しいタブが開きます。そのタブには既に使い慣れている作業項目エクスペリエンスが表示されます。

注: 現在、作業項目ディスカッションとコード コメントでは @/# メンションはサポートされていません。 これは、将来のリリースでサポートが予定されている機能です。

プル要求ウィジェット

チームの管理者は、ダッシュボード カタログからプル要求ウィジェットを追加できるようになりました。 特定のリポジトリの場合、プル要求ウィジェットにより、ユーザーはチームに割り当てられたプル要求、自分に割り当てられたプル要求、自分が作成したプル要求を確認できます。 ユーザーは、個々のプル要求にすばやく移動したり、リポジトリ内のプル要求の概要を確認したりできます。

コード リポジトリで表示する既存のファイルを選ぶのに役立つマークダウン ウィジェット

既存のリポジトリにあるマークダウン ファイルをどれでも選んで表示できるようになりました。 チーム プロジェクト内の任意のダッシュボードに Code Explorer から直接ファイルを追加することもできます。

コード エクスプローラーからダッシュボードに直接ファイルを追加する

一般的な ID ピッカー

バージョン管理、リリース管理、@mention の領域で、ユーザーやグループを検索および検出するための、改善されたエクスペリエンスを展開中です。 ユーザーが表示名 (例: 'john doe') や SAM-Account-Name (例: 'jdoe') などの属性をプレフィックス ベースで検索できるようになりました。

表示名や SAM-Account_Name のような属性に対するプレフィックス ベースの検索

Team Foundation バージョン管理のゲート チェックイン

TFVC プロジェクトでは、ブランチ ポリシーを設けることにより、コードをブランチに送信できるようになる前に、ビルドの成功を要求できるようになりました。

バージョン管理 Web

コード ハブでは、いくつかの新機能に加えて、ユーザービリティとスタイルが大幅に向上しています。 Code Explorer には、選んだブランチの最新のビルドの状態が表示されるようになり、高解像度のディスプレイでの読みやすさ向上のために、まったく新しいモダンなアイコンが用意されています。

コード ハブでは、いくつかの新機能に加えて、ユーザービリティとスタイルが大幅に向上しています。

プル要求ハブでは、自分が作成したプル要求と、自分自身またはチームに割り当てられたプル要求が強調表示されるようにビューが改善されています。 新しいリンク操作によって、プル要求、作業項目、コミットの間の追跡機能が強化されました。

プル要求ハブでは、自分が作成したプル要求と、自分自身またはチームに割り当てられたプル要求が強調表示されるようにビューが改善されています。

Team Foundation Server 拡張機能

拡張機能は、新しい機能を追加するか、既存のサービスと統合することで、Team Foundation Server の Web エクスペリエンスを拡張および強化する、統合されたエクスペリエンスを実現します。

オンプレミスの拡張機能は Team Foundation Server にアップロードでき、特定のチーム プロジェクト コレクションにインストールできます。

拡張機能は、Visual Studio Marketplace からダウンロードして Team Foundation Server にアップロードすることもできます。

オンプレミスの拡張機能は Team Foundation Server にアップロードでき、特定のチーム プロジェクト コレクションにインストールできます。 拡張機能は、Visual Studio Marketplace からダウンロードして Team Foundation Server にアップロードすることもできます。

かんばんボード用のキーボード ショートカット

かんばんボードにある作業項目をクリックして、一般的なタスクのキーボード ショートカット キーを使用できます。 実行できる操作の例を次に示します。

  • 新しい作業項目の作成
  • 列とスイムレーン内、または列とスイムレーン間での作業項目の移動
  • 作業項目の展開および折りたたみ

リンクのコミットに加えて、新しいリンク機能が追加されました。 作業項目を Git ブランチとプル要求にリンクできることに加え、ブランチ リンクをバックログ項目またはかんばんボードから直接作成することもできます。

かんばんボードでブランチ リンクを作成する方法

プル要求を作成する場合、ソース ブランチまたはコミットにリンクされているすべての作業項目は、新しいプル要求に自動的にリンクされます。 プル要求の詳細ビューも更新され、関連作業項目セクションが追加されました。 関連作業項目セクションには、所定のプル要求にリンクされたすべての作業項目が一覧表示され、他の作業項目にリンクを追加するシンプルな操作が提供されます。

プル要求の詳細ビューも更新され、関連作業項目セクションが追加されました。

ビルド関連の機能とその強化点

  • ビルド管理。 ビルド キューの管理者は、所定のキューを使用するビルド定義とリリース定義を誰が作成できるかを制御できます。 これにより、チームが所定のアカウントまたはプロジェクト コレクションで独自のビルド リソースを持てるようになります。
  • 履歴データ。 ビルド エージェントとリリース エージェントの履歴データをキューとプールのビューから入手できます。 これは、ビルド管理者が指定されたビルド リソースでの利用状況を把握するのに役立ちます。
  • ビルド インターフェイスの改善。 新しいビルド定義を作成するためのインターフェイスがわかりやすくなりました。 テンプレートを選んだ後に、ソースとキューに関する重要な情報を設定できます。
  • ビルド結果ビューの拡張。 ビルド結果 (ビルドの概要とも呼ばれる) ビューは、拡張フレームワークを使用してカスタム情報とビューで拡張できます。 次のコマンドを使用して簡単なマークダウン ファイルを発行することで、ビューを拡張することもできます。##vso[task.addattachment type=Distributedtask.Core.Summary;name=myattachmentname;]c:\myattachment.md
  • 拡張機能としてタスクを発行する。 ギャラリーを使用して、ビルド タスクとリリース タスクを拡張機能の一部として発行できます。

テスト: 新機能と機能強化

Build vNext での計画されたテスト

テスト計画とテスト スイートを使用して計画されたテストを行った場合、機能テストの実行タスクを使用して、自動化された実行を Build vNext でトリガーできます。 結果はビルドの概要ページの [テスト] タブと、テスト ハブに表示されます。 [テスト] タブに新たに [グループ化] オプションが追加されました。テスト スイートでグループ化すると、実行されたすべてのスイートとその質をすばやく確認できます。

ビルド内のテスト結果

ビルドの概要ページでテスト結果を分析するのに役立つ次の機能があります。

  • ビルド内のすべてのテストの実行におけるテスト結果の集計された概要。
  • バグ内で初めて失敗したテストは、回帰を識別できるように新たな失敗としてフラグが設定されます。 複数のビルドにまたがって継続的に失敗するテストの場合、失敗がどれほど古くなっているかを確認し、失敗が初めて発生したビルドに移動できます。
  • 失敗したテストの数と、過去 10 回のビルドにおけるテストの継続期間を示すトレンド グラフ。 これらのグラフをダッシュボードに追加できます。
  • ビルド間のデルタを使って視覚的に表示されるよう、コード カバレッジ レポートが強化されました。
  • ビルドが完了したことを示すメール通知にテスト ステータスが表示されるようになりました。

一部のビルドが成功したビルドのテスト結果画像

タスクの改善:

  • Test Agent タスクを使用する Visual Studio Test が [機能テストの実行] という名前に変更されました。
  • Visual Studio Test タスクと [機能テストの実行] タスクは、より速く、直観的で、ユーザーにわかりやすいタスクです。
  • xUnit、NUnit、Junit、.trx ファイル形式へのサポートが、[テスト結果の発行] タスクに追加されました。
  • [コード カバレッジの発行] という新しいタスクでは、Jacoco と Cobertura のコード カバレッジ ツールからデータをアップロードします。
  • さらに、Java ユーザーが TFS に対して結果やコード カバレッジ情報を発行できるよう多くの作業が行われました。 詳細については、「Java でのテスト」セクションをご覧ください。

手動テストの改善:

  • テスト計画のフィルター。 テスト計画用に作業項目クエリ ベースのフィルターを設定します。
  • 子スイートのテストの表示。 1 回のクリックで、現在のスイートとその子スイートに存在するすべてのテストを確認できます。
  • テスト計画の削除。 テストに関して最も多く寄せられる UserVoice 項目の 1 つがこのリリースで利用できるようになりました。 テスト ハブから直接計画を削除できるようになりました。

Web 上の探索的テスト (XT)

Web 上の探索的テストについて調べ、Marketplace から Chrome ブラウザー プラグインをインストールして使用を開始してください。 主な特長:

  • スクリーンショットとメモのキャプチャ。 インライン注釈機能によって、メモとスクリーンショットのキャプチャが簡略化されました。
  • バグとタスクの作成。 探索的テスト中に見つかった問題を、バグまたはタスクとしてキャプチャします。 メモ、注釈付きのスクリーンショット、ビデオ、イメージの操作ログ、チーム区分やイテレーション パス、システムやブラウザーの情報が自動的にキャプチャされます。
  • 既存のバグの検索と更新。 バグを作成する際、拡張機能によって、タイトルの一致に基づいて既存のバグが自動的に検索され、一覧表示されます。 新しい情報を使用して既存のバグを更新することによって、バグが重複しないようにすることもできます。
  • 作業項目の探索。 特定の作業項目に対して探索的テストを実行します。 これにより、選んだ作業項目と進行中のテスト セッションとが関連付けられ、拡張機能内で受け入れ基準と説明を表示することができます。 さらに、ファイル化するバグまたはタスクと選んだ作業項目との間でエンドツーエンドの追跡ができるようになります。 作業項目は、作業項目から直接探索することも、拡張機能内で探索することもできます。

    • 作業項目から直接探索。 特定の作業項目用に探索的テスト セッションを製品内で直接起動します。 すべてのカード、グリッド、およびテスト ハブにエントリ ポイントが追加されました。
    • 拡張機能内で探索。 XT セッションで作業項目を検索し、進行中のセッションと関連付けます。
  • データ収集 - イメージの操作ログ。 自動的にバグにつながる手順を 1 回のクリックで追加できるようになりました。 [イメージの操作ログを含める] オプションを選んで、マウス、キーボード、タッチ操作をキャプチャし、対応するテキストとイメージをバグまたはタスクに直接追加します。

  • イメージの操作ログに基づいてテスト ケースを作成する。 テスト設計とテストの実行を同時に行うことは、正しい探索的テストの基本と言えます。 探索的テストのセッション中にテスト ケースを作成すると、テスト ステップがイメージと共に自動的に入力されます。 キャプチャされるテキストの編集、予想される結果の追加、不要な行の除外、今後のテストの合格と実行のためのテキストの保存を行うことができます。
  • 画面記録のサポート。 オンデマンドの画面記録を使って、すべての問題の調査結果をキャプチャできるようになりました。それらは、ファイル化するタスクまたはバグに自動的に添付されます。 現在、オーディオ サポートも検討されています。
  • デバイスへの接続。 ブラウザー ベースのエミュレーターまたは Perfecto などのデバイス クラウド プロバイダーを使って、デバイス上でアプリケーションをテストします。
  • スタンドアロン モード。 Visual Studio Team Services または TFS に接続せずにメモを取り、スクリーンショットを撮り (必要に応じて注釈も付ける)、バグを作成できるようになりました。 作成したすべてのバグの詳細、スクリーンショット、メモを含むレポートにより、調査結果をチームと共有します。

メモとスクリーンショットが添付された新しいバグが表示されている TS スタンドアロン モードの画像

Java でのテスト

  • JUnit のサポート。 Ant、Gradle、Maven のタスクから JUnit の結果を TFS にアップロードできます。
  • [テスト結果の発行] タスクでの JUnit のサポート。 さまざまなコマンド ライン ツールを使ってテストを実行し、TFS に結果をアップロードします。
  • コード カバレッジのサポート。 Jacoco と Cobertura のいずれかを、Java プロジェクトのコード カバレッジ ツールとして選びます。 正しいツールを使用するよう、実行中にビルド ファイルが変更され、TFS に結果がアップロードされます。
  • Jacoco と Cobertura をサポートする [コード カバレッジの発行] タスク。 既にビルド ファイルがコード カバレッジの情報を収集するように設定されている場合、あるいは Jacoco または Cobertura 形式での結果の出力をサポートする別のコード カバレッジ ツール (Istanbul など) を使用している場合は、[コード カバレッジの発行] タスクを使用して TFS にコード カバレッジ データをアップロードできます。

その他の変更点: バグ修正と既知の問題

このリリースでのテクノロジの改善、バグ修正、既知の問題について詳しくは、次の MSDN 記事をご覧ください。

詳細情報: Team Foundation Server 2015 Update 2 の説明

ページのトップへ