Team Foundation Server 2015 Update 3

Last Update: 2016/11/02

リリース日: 2016 年 6 月 27 日

Microsoft は本日、Visual Studio Team Foundation Server 2015 Update 3 の提供を開始したことをお知らせします。 これは、Microsoft のアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) ソリューションの中核を成すコラボレーション プラットフォームである Team Foundation Server (TFS) の最新バージョンです。 これが予期したリリース ノートではない場合、最新バージョンのリリース ノートにアクセスしていることに注意してください。

Visual Studio のフィードバック オプションを使用してフィードバックをお送りください。 また、Visual Studio 2015 UserVoice サイトから提案を送信することもできます。

ダウンロード: Team Foundation Server Update 3

他の関連ダウンロードについては、ダウンロードのページをご覧ください。

新機能

その他の変更

Git リポジトリの SSH のサポート

TFS 2015 Update 3 では、SSH キーを使用して Team Foundation Server の Git リポジトリに接続できるようになりました。 これは、Linux または Mac 上で開発を行っている場合に特に便利です。 個人の SSH キーをアップロードするだけで準備が整います。

ダッシュボード ウィジェット SDK

Update 3 では、最初から用意されているダッシュボード ウィジェットを使用できるだけでなく、SDK を使用して独自のウィジェットを作成することもできます。 詳細については、VisualStudio.com のダッシュボードのウィジェットの追加に関するページを参照してください。

テスト - 新機能とバグの修正

テスト - 新機能 - Azure、SCVMM、VMWare のサポート

クラウド (Azure を使用) またはオンプレミス (SCVMM または VMWare を使用) にテスト マシンを動的に設定し、これらのマシンを使用してテストを分散方式で実行できるようになりました。 AzureSCVMM、または VMWare のいずれかのマシン プロビジョニング タスクに続けて機能テストのタスクの実行を行うとテストを実行できます。 詳細については、「Install and configure test agents (テスト エージェントのインストールと構成)」ページをご覧ください。

テスト - バグの修正

Connect から報告されたバグ :

  • "並列して実行する" が選択されていると、テスト設定ファイルが無視される。
  • テスト エージェントの配置が完了した後、一時フォルダーがクリーンアップされない。
  • テストの選択がテスト計画に設定されている場合でも、ソース フィルター文字列が必要になる。 文字列が空の場合、"空の文字列があるため、パラメーター 'SourceFilter' に引数をバインドできない" というエラーが発生する。
  • テスト成果物をメール送信または印刷する機能がハングし、JavaScript TypeError をスローする。
  • Web テスト ランナー ウィンドウでテキストが折り返されない。

その他のバグ修正 :

  • "DistributedTests: buildId の解析中に例外が発生しました" がこのリリースでスローされる。
  • リモート テスト実行が、パスへのアクセスが拒否されたというエラーにより突然中止される。
  • Ant、Maven、Gradle タスクからテスト結果をこのリリースでアップロードできない。
  • セミコロンで区切られた2 つの DLL の完全パスを指定すると、VsTest タスクが失敗する。
  • このリリースでは、結果が 'テスト スイート' でグループ化され、環境に 'すべて' が選択されている場合、テスト結果が表示されない。
  • 結果フォルダーが runsettings ファイルで構成されている場合、Visual Studio テスト タスクがテスト結果をアップロードできない。
  • メール要求におけるフィードバックを求めるハイパーリンクが間違っている。
  • このテスト スイートのすべてのテスト ケースを複数のテスターが実行するように割り当てた場合、クエリ ベースのテスト スイートがテストを正しく反映しない。
  • 例外 Microsoft.TeamFoundation.TestManagement.Server.InvalidStructurePathException: パスCEBIS FWK の構造が有効でない。
  • TFS の 2015.1 へのアップグレード後に、テスト ハブでエラーが発生する。
  • MTM 2015 | 2013 - TFS 2015.2 | テストの実行を分析 - 結果、計画タブが特定のユーザーに空として表示される。
  • ファイルが見つからないというエラーが発生した後に、MTM 画面キャプチャ ファイルのアップロードが再試行される。

アジャイル バグの修正

Connect から報告されたバグ :

  • ロケールがフランス語に設定されている場合、スプリント ボード カードでスタイルを設定すると、エラーが発生する可能性がある。
  • ロケールがドイツ語に設定されている場合、スプリント ボード カードでスタイルを設定すると、エラーが発生する可能性がある。
  • アンダースコアや単一引用符などの非標準文字を含む区分パスを使用する句がある場合にクエリを作成できない。
  • Web Access で、リンクのラベル コントロールでハイパーリンクが表示されない。
  • 新しいチーム プロジェクトを作成すると、"オブジェクト 'dbo.Constants' に重複するキー行を挿入できません" という TF30177 エラーが発生する。
  • [ウィジェットの追加] ダイアログで、[マイ プロファイル] で選択した言語よりもブラウザーの言語が優先される。
  • [グラフの構築] ウィジェットで、ビルドに失敗した場合でも、グラフ内の最新のバーが緑色で表示される。
  • 利害関係者のバナーがないため、ユーザーは利害関係者としてログインしていることに気付かず、すべての機能にアクセスできない。
  • Readme ファイルが、チーム プロジェクトのウェルカム ページに常に表示されない。
  • 作業項目トラッキングで時間の一部を設定するときに、月と日の値が入れ替わることがある。

その他のバグ修正 :

  • 値が空の場合に、作業項目トラッキングの Web ページコントロールがエラーが発生するパラメーターとしてID フィールドを参照する。
  • クエリ結果ウィジェットの名前を変更すると、エラーが発生する。
  • カード上の残り時間入力が十分でない。
  • ユーザーに親作業アイテムへのアクセス許可がない場合、バックログが読み込まれない。
  • チーム プロジェクトの結果を変更したあとに作業ハブに移動すると、TF400483 エラーが発生する。
  • ダッシュボード マネージャー アイコンにフォーカスがあることが表示されない。
  • ダッシュボード マネージャーのダッシュボードの追加アイコンにフォーカスがあることが明確にわからない。
  • ダッシュボード マネージャーのダッシュボードの追加と削除のボタンが、ENTER キーを押しても機能しない。
  • クエリ タイルと作業項目グラフのウィジェットでは、構成ブレードをタブ移動するときに、クエリが選択されていないというエラーによってクエリ セレクターの入力がスタックする。
  • Team Foundation 2013 Update 1 以前からアップグレードする場合に、プロジェクトのホームページの内容が移行されない。
  • 利害関係者としてライセンスを取得すると、ダッシュボード間を移動できない。
  • マークダウン ウィジェットで、ソース管理のイメージを参照する場合にマークダウンが表示されない。
  • サード パーティのウィジェットがエラー状態の場合、ダッシュボード全体の読み込みに失敗する。
  • サード パーティのウィジェットがエラー状態の場合、新しいウィジェットを追加すると空白として追加される。
  • サード パーティのウィジェットがエラー状態の場合、ダッシュボードから削除してもエラー バナーが消えない。
  • ダッシュボード ウィジェットを追加し、同時に異なるブラウザー セッションがあるなどの競合が生じた場合のエラーの説明がない。
  • アバターが、プル要求ウィジェットに読み込まれない。
  • ビルド グラフ ウィジェットで、ビルド グラフと比べて最後に完了したステータスアイコンが正しくない。
  • ダッシュボードの編集モードでは、エラー バナーがダッシュボードの背後に表示される。
  • Visual Studio リンク ウィジェットでは、"Visual Studio で開く" の画像が紫色で表示される。
  • ウィジェットの構成ブレードで変更を行う場合、キャンセルするときに変更を破棄するプロンプトが表示されない。
  • ウィジェットでエラーが発生した場合でも、ユーザーが構成の変更を保存できる。
  • ダッシュボードでウィジェットをプレビューすると、拡大表示されて画像がぼやける。
  • ダッシュボードの編集モード タブをタブ移動すると、削除と構成のアイコンではなくウィジェットをタブ移動する。
  • ダッシュボードの編集モードでは、ESC キーで編集モードを終了する必要がある。
  • Firefox で新しい作業項目グラフ ウィジェットを作成すると、グラフの種類がさまざまなサイズになる。
  • 作業項目グラフ ウィジェットで、クエリを選択するまでグラフのオプションが表示されない。
  • スプリントの概要ウィジェットで、イテレーションの日付を設定してもウィジェットが更新されない。
  • スプリント バーンダウン ウィジェットで、グラフにタブ移動し、Enter キーを押してもライトボックスが開かない。
  • 条件付きのクエリ タイルでは、ルールの入力フィールドに 5 桁の数字を使用できるが、4 桁の数字しか表示されない。

ビルド バグの修正

Connect から報告されたバグ :

  • ビルドをFirefox のタグでフィルター処理できない。
  • ビルド時にユーザーのアクセス許可を設定する際、保存するとエラーが発生する。
  • ビルドが深夜に実行するようにスケジュールされている場合、前の日に実行される。
  • "TF14044: アクセスが拒否されました: User Project Collection Build Service では AdminWorkspaces グローバル アクセス権が必要です" というエラーでビルドに失敗する。
  • マイ プロファイルからの時刻の書式設定が、ビルド ハブで使用されない。
  • ビルドで curl タスクを実行する場合、"このパスには curl が見つかりません" というエラーでビルドに失敗する。
  • ゲート ビルドで "シェルブセットが見つかりません" というエラーが発生する。
  • Chrome で新しいビルド定義を作成する場合に、書式設定の問題がある。
  • XAML ビルドで多数の警告が発生する場合は、"サーバーに接続しようとしているときに未定義のエラーが発生しました。 状態コード 0。" というエラーが表示される。
  • ビルド ページで [理由] 列のサイズを変更すると、すべてのアイコンの配列が表示される。
  • ビルド定義の [リポジトリ] タブで、[奥行き] または [外部参照の無視] 設定を変更すると、既定の設定に戻る。
  • "ソリューション構成とプラットフォームが無効です" というエラーでビルドに失敗する。
  • npm インストール タスクが含まれる場合、"npm インストールを検出できませんでした" というエラーでビルドに失敗する。
  • Git リポジトリにビルド番号をラベル付けするビルド定義を編集する場合、"ソース ラベルの書式が無効です" というエラーが発生する。
  • 外部の Git リポジトリを使用すると、継続的インテグレーションがトリガーされないことがある。
  • アップグレードされたプロジェクト コレクションで、サービス アカウントの代わりにビルド アカウントが使用されてゲート チェックインに失敗する。

その他のバグ修正 :

  • "すべてのスコープ" アクセス許可なしで PADを使用する場合、getBuildBadge vso-node-api に失敗する。
  • ビルド定義名に角かっこが含まれている場合、リビジョン番号が正しく計算されない。
  • チーム プロジェクト コレクションを分割すると、ビルド サービス ID が重複する。
  • 新しいビルドをキューに入れる際にシェルブセット名を入力すると、"要求または定義に問題があるためビルドを実行できません。SourceVersion に指定された値は有効なバージョンの仕様ではありません。" という誤解を招くようなエラーが発生する。
  • クロス プラットフォームのビルド タスクを含む拡張機能が動作しない。
  • SSL ポート 8443 を使用すると、Subversion への接続でビルドに失敗する。
  • マッピングされていないビルドに SVN リポジトリを使用する場合、ソース バージョンが設定されない。
  • Team Foundation バージョン管理ビルドをソース ラベルからキューに入れることができない。

バージョン管理バグの修正

注: これらは、Team Foundation Server のバージョン管理のバグ修正です。 Visual Studio のバージョン管理のバグ修正については、「Visual Studio のリリース ノート」をご覧ください。

Connect から報告されたバグ :

  • Git LF を使用する場合、リポジトリの複製などの機能に問題が生じる可能性がある。
  • "TF53010: Team Foundation のコンポーネントまたは拡張で以下のエラーが発生しました" という Git プル要求のイベント ログ エラーが 1 時間ごとに発生する。

その他のバグ修正 :

  • 作業項目に最新バージョンのリンクの種類を追加できない。
  • Team Foundation Server 2010 からアップグレードしたあと、Team Foundation バージョン管理ウェアハウス アダプターでエラーが発生する。
  • プル要求の作成中に作業項目にリンクする場合、25 のコミットの制限がある。
  • リポジトリに複数のビルド定義が構成されている場合、ビルド エクスプローラーに別の定義の最後のビルドへのリンクする、1 つの定義名が表示されることがある。
  • プル要求で、ID の選択が右側で切り取られる。
  • Team Foundation バージョン管理ファイルは、変更がなかった場合でもエンコードの変更があると表示される。
  • SSH 経由の Git プッシュで、"TF401030: Git パックのヘッダーが無効です" というエラーが発生する。

管理バグの修正

Connect から報告されたバグ :

  • チーム プロジェクト コレクションを分割する場合、コレクションを複製して、最初のコレクション内のチーム プロジェクトを削除すると、他のコレクションで削除されたプロジェクトがそれ以外のコレクションで表示されないことがある。 ダイレクト URL は機能するが、ユーザーがチーム プロジェクトを参照できない。

その他のバグ修正 :

  • アップグレードする場合、準備チェックでポート 8080 が使用できないというエラーと、"TF401147: アプリケーション層の Web サービス サイトに以前に構成されたポートが現在使用されています。" というエラーが発生して失敗することがある。
  • 管理コンソールで、プロキシ サーバーの URL が空白になる。
  • TFS を構成する場合、ポートと仮想ディレクトリが誤って既定のマッピングにフォール バックすることがある。
  • [コレクション] タブを読み込むときに、管理コンソールがクラッシュすることがある。

機能拡張バグの修正

Connect から報告されたバグ :

  • TFS SDK の使用中に URL でコレクションを省略すると、"TF400367: ホストの種類の不一致のため、要求を実行できませんでした" というエラーが発生する。
  • Jenkins サービス フックを使用すると、分岐を削除すると、ビルドがトリガーされる。
  • チーム ルームで [イベントの管理] をクリックすると、"ナビゲーション レベルが無効です" というエラーが発生する。
  • 警告を使用する場合、フィールドが予期しない許可値に設定されることがある。
  • 警告のメールが受信できないことがある。
  • 名前にスペースがあるチーム プロジェクトの警告に、無効なリンクが含まれている。
  • 警告の管理ページに [すべて警告] へのリンクがない。
  • 中国語版の TFS では、サービス フックに余裕期間オプションがない。

リリース管理

Web ベース バージョンの Release Management に関して報告されていた一部の問題を修正しました。 修正された重要な問題の一部を次に示します。

  • ネットワークが不安定なときにリリース ハブを閲覧すると未定義のエラーが表示される。
  • サーバー ドロップの成果物をダウンロードすると、ビルド成果物のディレクトリの下に追加のファイルが作成される。
  • サービス エンドポイントが、エンドポイントの作成ダイアログから重複して作成される。
  • Release Management で NuGet インストーラー タスクが失敗する。
  • 自動更新: 環境への配置を開始した後に保留中の承認を示す黄色バーが表示されない。
  • 環境に対して複数の承認者がいる場合、承認のメール オプションが有効にならない。

Release Management の WPF バージョンに関して報告されていたバグも一部修正されました。

  • API バージョンの不一致がある場合に、releasemanagementbuild.exe で適切なメッセージではなく 403 エラーが表示される。
  • ファイルを配置元にコピーするときに断続的なネットワーク エラーが発生する。

既知の問題

このリリースの既知の問題の詳細については、MSDN の記事「Team Foundation Server Update 3 の既知の問題」を参照してください。