Team Foundation Server 2017 Update 3 RC リリース ノート

Last Update: 2017/10/09

この記事では、Team Foundation Server 2017 Update 3 の最新リリースに関する情報を紹介します。 ボタンをクリックしてダウンロードします。

<img src="media/tfs_download_button.png"alt="Team Foundation Server の最新版のダウンロード">

その他の形式や言語については、ダウンロード サイトを参照してください。

Team Foundation Server 2017 の詳細については、Team Foundation Server の要件と互換性に関するページを参照してください。


フィードバック

皆様のご意見をお待ちしております。 開発者コミュニティで問題を報告して追跡し、スタック オーバーフローでアドバイスを得ることができます。 Microsoft に優先的に取り組んで欲しいアイデアがある場合は、UserVoice でアイデアを追加するか、既存のアイデアに投票してください。


リリース日: 2017 年 9 月 19 日

このリリースの新機能

これは Team Foundation Server 2017 の更新プログラムであり、Team Foundation Server 2017 Update 2 以降のバグ修正が含まれています。


動作上のバグの修正

  • ASCII 文字コード >127 を使用してテンプレートをエクスポートすると、WebLayout は得られず、正しくないファイル名が含められます。
  • ボード設定およびカードの設定で、作業項目の種類の名前変更が処理されません。
  • トルコ語でのかんばんボード カードの並び替えがスタック順位で行われる可能性があります。
  • REST API の WorkItemSearchConditionalFaultIn が検索に対して NotSupportedException をスローする可能性があります。

コード バグの修正

ビルド バグの修正

  • ビルド エージェントの登録を試みているときに次のエラーが発生します。認証 - "スタックが不足しているためプログラムを安全に実行できません。"

リリース バグの修正

  • TFS 2017 からのアップグレードで、Azure ベースの接続済みサービスからサービス エンドポイントへの移行が失敗します。

テスト バグの修正

  • "テスト エージェントの配置" タスクは、Win7 SP1 コンピューター上で複数の問題があります。
  • テスト エージェントのパスが正しくない場合、エラーとしては記録されず、デバッグにのみ表示されます。
  • 添付情報のアップロードに失敗した場合に、テストの実行/タスクが失敗しない可能性があります。

レポート バグの修正

  • RDL バーンダウン レポートが削除されたタスクの時間を示します。

既知の問題

TFS Database Import Service で RC リリースがサポートされていない

Visual Studio Team Services 用の TFS Database Import Service では、TFS の RC リリースからのインポートをサポートしていません。 このサービスを使用して Team Services にコレクション データベースをインポートする計画がある場合は、実稼働データベースをこの RC リリースにアップグレードしないでください。 アップグレードを行った場合は、このリリースの RTW バージョンを待ってアップグレードするか、あるいは以前の TFS バージョンで作成したデータベースのバックアップ コピーを復元してインポートします。


ページのトップへ