Visual Studio 2017 for Mac Visual Studio 2017 for Mac

終更新日 2018/01/31

開発者コミュニティ | システム要件 | 互換性 | 再頒布可能コード | Xamarin | ブログ | サービスDeveloper Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code | Xamarin | Blogs | Servicing


メモ

英語以外のバージョンからこのページにアクセスしていて、最新の内容を見たい場合は、このリリース ノートの英語版ページをご覧ください。If you are accessing this page from a non-English language version, and want to see the most up-to-date content, please visit this Release Notes page in English.

ページの下部にあるフッターに移動して、言語の設定を切り替えることができます。You can switch your language setting by going to the footer at the bottom of the page. アイコンをクリックして、目的の言語を選んでください。Click on the icon and select your desired language.


この記事には、Visual Studio 2017 for Mac バージョン 7.3 の最新リリースに関する情報が含まれています。This article contains information about the newest release of Visual Studio 2017 for Mac, version 7.3.

Visual Studio 2017 for Mac を使用して、Xamarin、.NET Core、および Unity を使用したゲームでモバイル、Web、クラウド用のアプリを構築します。Use Visual Studio 2017 for Mac to build apps for mobile, web, and the cloud with Xamarin and .NET Core, as well as games with Unity.

Download Visual Studio 2017 for Mac

Visual Studio 2017 for Mac の詳細については、「Mac System Requirements」 (Mac システム要件) と「Mac Platform Targeting and Compatibility」 (Mac の対象プラットフォームと互換性) を参照してください。To learn more about Visual Studio 2017 for Mac, see Mac System Requirements and Mac Platform Targeting and Compatibility.

他の関連ダウンロードについては、ダウンロードのページを参照してください。To learn more about other related downloads, see the Downloads page.

フィードバックFeedback

皆様のご意見をお待ちしております。We’d love to hear from you! 問題がございましたら、Visual Studio for Mac IDE の [問題の報告] オプションからお知らせください。You can report a problem via the Report a Problem option the Visual Studio for Mac IDE. お客様のフィードバックは、開発者コミュニティ ポータルで追跡することができます。You can track your feedback in the Developer Community portal. ご意見やご要望は、UserVoice からお寄せください。For suggestions, let us know through UserVoice.

リリース日: 2018 年 1 月 9 日 - Visual Studio 2017 バージョン 7.3 (7.3.3.5)Release Date: January 9, 2018 - Visual Studio 2017 version 7.3 (7.3.3.5)

このリリースには、次のバグ修正が含まれています。This release contains the following bug fix:

リリース日: 2017 年 12 月 14 日 - Visual Studio 2017 バージョン 7.3 (7.3.2.12)Release Date: December 14, 2017 - Visual Studio 2017 version 7.3 (7.3.2.12)

このリリースには、バグ修正が含まれています。This release contains bug fixes:

機能強化:Improvements:

  • 既定で、インストーラーは最新の .NET Core SDK 2.0.3 をインストールするようになりました。Installer now installs latest .NET Core SDK 2.0.3 by default.
  • “コンポーネント” フォルダーと、まだコンポーネントが追加されていないプロジェクトにコンポーネントを追加する機能を非表示にします。Hide “Components” folder and ability to add Components for projects that do not already have a Component added.

リリース日: 2017 年 12 月 7 日 - Visual Studio 2017 バージョン 7.3 (7.3.0.799)Release Date: December 7, 2017 - Visual Studio 2017 version 7.3 (7.3.0.799)

このリリースには、Xcode 9.2 のサポートが含まれています。This release contains support for Xcode 9.2.

リリース日: 2017 年 12 月 4 日 - Visual Studio 2017 バージョン 7.3 (7.3.0.797)Release Date: December 4, 2017 - Visual Studio 2017 version 7.3 (7.3.0.797)

iOSiOS

自動 iOS 署名。Automatic iOS Signing.

このリリースでは iOS (および tvOS と WatchOS) の自動署名が導入され、プロビジョニングが大幅に簡略化されています。This release introduces Automatic signing for iOS (and tvOS and WatchOS) to significantly simplify provisioning.

iOS デバイスをプロビジョニングするには、いくつかの成果物を生成する必要があります。To provision an iOS device there are a number of artifacts that need to be generated:

  • 開発者署名 IDDeveloper Signing Identity
  • アプリ ID (必要なアプリ サービスを指定)App ID (with the required app services)
  • iOS デバイスの UDID を含むプロビジョニング プロファイル。A Provisioning Profile that contains the UDID of the iOS device.

自動署名機能により、Visual Studio for Mac は、これらの成果物の自動生成を試み、署名にこれらのファイルを使うように .csproj ファイルを変更します。With the automatic signing feature Visual Studio for Mac will attempt to generate these artifacts for you and will modify the .csproj file to use these files for signing.

iOS プロジェクトで自動署名を有効にするには、Info.plist エディターを開き、[署名] セクションで "開発チーム" を選びます。To enable automatic signing in your iOS project, open Info.plist editor, and select your development team in Signing section. チームがない場合は、Apple アカウント ツールを使って Apple ID にサインインしていることを確認します。If you do not have a team, ensure that you have signed in to your Apple ID via the Apple Account tool. 次に、[Enable Automatic Signing](自動署名を有効にする) を有効にします。Then, enable Enable Automatic Signing:

Visual Studio for Mac の自動署名オプション

プロビジョニングされるプロジェクトの "すべての" 構成が同じ証明書とプロファイルを使うように設定されることに注意してください。It's important to note that all configurations of the provisioned project will be set to use the same certificate and profile.

次のいずれかのイベントが発生すると、Visual Studio for Mac は証明書とプロファイルを自動的に作成または更新します。Visual Studio for Mac will automatically create or update certificates and profiles when any of the following events happen:

  • Info.plist エディターで自動署名が有効にされた場合。Automatic signing is enabled in the Info.plist editor.
  • 物理デバイスが接続された場合。A physical device is connected.
  • Info.plist のバンドル ID が変更された場合。The Bundle ID in Info.plist is changed.
  • Entitlements.plist でサポートされる機能が選ばれた場合。A supported capability in Entitlements.plist is selected. すべてのエンタイトルメントでこのリリースの自動署名がトリガーされるわけではないことに注意してください。Note that not all entitlements trigger Automatic signing in this release. 現在、次のエンタイトルメントがサポートされています。The following entitlements are currently supported:

    • HealthKitHealthKit
    • HomeKitHomeKit
    • 個人の VPNPersonal VPN
    • Wireless Accessory ConfigurationWireless Accessory Configuration
    • Inter-App オーディオInter-App Audio
    • SiriKitSiriKit
    • HotspotHotspot
    • Network ExtensionsNetwork Extensions
    • MultipathMultipath

    他のエンタイトルメントのサポートは、今後のリリースで追加されます。Support for other entitlements will be added in future releases.

チームと開発者の ID の設定は、ソース管理から除外できるように .userprefs に保存されます。Team and Developer identity preferences are saved to .userprefs so they can be excluded from source control.

iOS DesigneriOS Designer

Visual Studio 7.3 では、iOS Designer に複数の新しい機能強化が導入されています。Visual Studio 7.3 introduced a number of new improvements to the iOS Designer:

  • 新しい下部ツールバーNew Bottom Toolbar

    iOS Designer の下部ツールバー

    以前はドキュメント ツール バーにあったサイズ クラス、表示方法、向き、ズームの各コントロールが削除されました。The Size Class, View As, orientation, and zoom controls that were previously in the document toolbar have been removed. この機能は、ドキュメント領域の下部に追加された新しいツール バーに移動されました。This functionality has been moved to a new toolbar that has been added at the bottom of the document area.

    • ズーム コントロールは現在は下部ツール バーの右側にあり、動作は以前と変わりません。The zoom controls are now at the right of the bottom toolbar and behave as they did previously.
      • 現在のビューは、下部ツール バーの左側に表示されます。The current view is displayed on the left of the bottom toolbar. これをクリックすると、新しいサイズ クラス/表示方法バーが開きます。Click this to expand the new Size Class / View As bar:
        • 開いたバーには、すべてのデバイス、向き、および現在のドキュメントに適用可能な調整が表示されます。When expanded, the bar displays all devices, orientations, and/or adaptations applicable to the current document. これらをクリックして、デザイン サーフェイスのビューを変更します。Click on these to change the view on the design surface.
        • サイズ クラスを有効にすると、開いたバーの右側にボタンが表示されます。When size classes are enabled, a button appears at the right side of the expanded bar. このボタンをクリックすると、現在選ばれているデバイス、向き、および調整に基づくバリエーションが作成されます。Click this button to create a variation based on the currently selected device, orientation, and/or adaptation.
  • 制約モードConstraints Mode

    iOS デザイナー用の新しい制約ツールバー

    ドキュメント ツールバーの [Add Constraints](制約の追加) および [Remove Constraints](制約の削除) ボタンが削除され、新しい [Constraints Mode](制約モード) トグルが導入されました。The Add and Remove Constraints buttons on the document toolbar have been removed and a new Constraints Mode toggle has been introduced.

    • 以前は、デザイン サーフェイスで選んだビューをもう一度クリックして制約モードを入力しました。Previously, you entered constraints mode by clicking again on a selected view on the design surface. このメカニズムは、上部ドキュメント ツール バーの新しいトグル スイッチに置き換えられています。That mechanism has been replaced by the new toggle switch on the top document toolbar.
    • 上部ドキュメント ツール バーの [Update Frames from Constraints](制約からフレームを更新) ボタンが、制約モードのときは [Update Constraints from Frames](フレームから制約を更新) になりました。The Update Frames from Constraints button in the top document toolbar now becomes Update Constraints from Frames when in constraints mode.
  • 安全領域レイアウト ガイドSafe Area Layout Guide

    iOS 11 で導入された安全領域レイアウト ガイドがサポートされるようになりました。The Safe Area Layout Guide, introduced in iOS 11, is now supported.

    • 安全領域レイアウト ガイドはドキュメントのプロパティで有効にできます (任意のビュー コントローラーの外側のデザイン サーフェイスをクリックすると表示されます)。Safe Area Layout Guides can be enabled under document properties (visible when you click on the design surface outside of any view controller).
    • 安全領域レイアウト ガイドを有効にすると、上部または下部のレイアウト ガイドに対する既存の制約が、安全領域に対する制約に変換されます。When Safe Area Layout Guides are enabled, existing constraints to the top or bottom layout guides are converted into constraints against the safe area.
    • 安全領域レイアウト ガイドを無効にすると、安全領域に対する既存の制約が、上部または下部のレイアウト ガイドに対する制約に変換されます。If Safe Area Layout Guides are disabled, existing constraints against the safe area are converted into constraints against the top or bottom layout guides.
  • Xcode のサポートXcode Support

    • Xcode 9.1 が完全にサポートされています。Xcode 9.1 is fully supported.
    • 現在、サポート対象の最低バージョンは Xcode 8.0 です。The minimum supported version is now Xcode 8.0.

その他Other

  • 新しいアセット カタログの種類: ColorSet。New Asset Catalog type: ColorSet.

    • Xcode9/iOS 11 は導入された ColorSet アセットをサポートしており、ユーザーは自分のアプリケーションで使うカスタム カラーを定義できます。Xcode9 / iOS 11 supported introduced ColorSet assets, which allows users to define custom colors for use in their applications. Visual Studio for Mac のこのリリースでは、この機能がサポートされるようになりました。This release of Visual Studio for Mac now supports this feature.

AndroidAndroid

  • 配置エラーの改良。Improved deployment errors. ユーザーがリリース モードで起動可能なアクティビティのない Android プロジェクトを実行しようとすると、IDE はこれをキャッチし、よりわかりやすいエラー メッセージをユーザーに提供するようになりました。When the user tries to run an Android project with no launchable activity in Release mode the IDE now catches this and gives the user a more informative error message.

  • 実行構成のヒント。Run Configuration hints. 実行構成エディターは、アクティビティ、サービス、またはブロードキャスト レシーバーの適切なエクスポート方法についてのヒントを提供するようになりました。The Run Configuration editor now provides hints about how to properly export an Activity, Service, or Broadcast Receiver.

  • Updater への SDK Manager の統合。Integration of SDK Manager in the updater. Visual Studio for Mac Updater は、Android SDK の依存関係を自動的に解決、ダウンロード、インストールできます。The Visual Studio for Mac Updater can resolve, download, and install Android SDK dependencies automatically. Xamarin.Android の更新プログラムが、特定の Android SDK レベルがインストールされていることに依存する場合、必要な SDK パッケージが利用可能な更新プログラムと共に一覧に表示され、自動的にダウンロードされます。If a Xamarin.Android update depends on a specific Android SDK level to be installed, the required SDK package will be shown in the list with available updates and downloaded automatically. Xamarin.Android が正常にインストールされた後、Updater アプリは前にダウンロードしたパッケージを Android SDK の既定の場所にインストールします。After the successful Xamarin.Android installation, the updater app will install the previously downloaded package at the default Android SDK location.

Android DesignerAndroid Designer

  • Visual Studio でのレンダリング速度の向上Faster rendering on Visual Studio
  • Visual Studio での信頼性の向上Reliability improvements for Visual Studio
  • ScrollView ウィジェットのスクロール エクスペリエンスの向上Improved scrolling experience for ScrollView widgets

Xamarin Live Player (プレビュー)Xamarin Live Player (Preview)

  • SDK スタイル プロジェクトをサポートするように更新されました。Updated to include support for SDK style projects.

  • Android エミュレーターと iOS シミュレーターをサポートするように更新されました。Updated to include support for Android emulators and iOS simulators. ライブ実行を使ってフォーム ビューを視覚化できるようになりました。デバイスをペアにしたり、アプリをビルドしたりする必要はありません。You can now use Live Run to visualize your Forms views without the need to pair a device or to build your app.

  • 配置するときの状態レポートとエラー メッセージの向上。Better status reporting and error messages when deploying.

  • "ライブ実行の現在のビュー" に配置するときの配置の状態。Deployment status when deploying for "Live Run Current View".

  • ライブ実行にもショートカットができました (Shift + Option + L)。Live Run now also has a shortcut (Shift+Opt+L).

プレーヤー アプリが多くの改良とバグ修正で更新されました。The Player app has also been updated with many improvements and bug fixes. それぞれのアプリ ストアから最新のビルドを入手してください。Be sure to get the latest builds from the respective app stores.

エディターEditor

  • Roslyn ベースの新しいリファクタリング。New Roslyn based refactorings.

    使用法から生成、メソッド シグネチャの変更、インターフェイスの展開が、C# コード内のリファクタリングとして提供されるようになりました。Generate From Usage, Change Method Signature, and Extract Interface are now offered as refactorings within your C# code.

その他Other

  • VSTest の統合。VSTest integration.

    Visual Studio for Mac は、VSTest の統合により、より広範なテスト フレームワークをサポートするようになりました。Visual Studio for Mac now supports a wider variety of test frameworks through the integration of VSTest. NuGet アダプター パッケージ (MSTest.TestAdapterxunit.runner.visualstudio など) により、Visual Studio for Mac 内で MSTest や xUnit などのフレームワークを使用できるようになりました。Frameworks such as MSTest or xUnit can now be used within Visual Studio for Mac via NuGet adpater packages (MSTest.TestAdapter, xunit.runner.visualstudio for example).

  • 更新された認証。Upated authentication.

    Visual Studio の認証統合の機能強化により、Visual Studio アカウントでのサインインとライセンス情報のフェッチに関する問題の多くが解決されます。Improvements to the Visual Studio authentication integration should solve many of the issues users have had signing in with their Visual Studio accounts and fetching licensing information.

  • アクセシビリティ。Accessibility.

    アクセシビリティの更新と改善が継続的に行われています。We have been continually updating and improving accessibility.

  • Updater による .NET Core のサポート。Updater support for .NET Core.

    Visual Studio for Mac は、更新プログラムを確認するときに、.NET Core 2.0 SDK がインストールされているかどうかをチェックするようになります。Visual Studio for Mac will now check to see if the .NET Core 2.0 SDK is installed when checking for updates. インストールされていない場合は、[Visual Studio の更新] ダイアログでダウンロードしてインストールできます。If it is not installed then the Visual Studio Update dialog will allow it to be downloaded and installed.

このリリースで修正された主な問題Top Issues Fixed in this Release

既知の問題 Known Issues

  • Docker が、HAXM を使用する Android エミュレーターの起動を妨げている可能性があります。Docker can interfere with launching Android emulators that use HAXM. エミュレーターで Android アプリをデバッグする場合は、Docker をシャットダウンしてからデバッグしてみてください。When debugging Android apps on emulators, please shutdown Docker before attempting to debug.

  • F# で空の Xamarin.Forms を作成すると、アプリケーションをビルドしようとしたときに、IDE がクラッシュする場合があります。Creating a blank Xamarin.Forms in F# may cause the IDE to crash when you try to build the application. この問題を回避するには、手動で Xamarin.Forms パッケージをプロジェクトに追加します。To workaround this issue, add the Xamarin.Forms package to the project manually.


Visual Studio 2017 for Mac リリース ノート履歴Visual Studio 2017 for Mac Release Notes History

Visual Studio 2017 for Mac バージョン 7.2 リリース ノートVisual Studio 2017 for Mac version 7.2 Release Notes

Visual Studio 2017 for Mac バージョン 7.1 リリース ノートVisual Studio 2017 for Mac version 7.1 Release Notes

Visual Studio 2017 for Mac バージョン 7.0 リリース ノートVisual Studio 2017 for Mac version 7.0 Release Notes

ページのトップへ
Top of Page