Visual Studio App Center
よく寄せられる質問

全般

A:Visual Studio App Center を使用して、iOS、Android、Windows、および macOS アプリケーションのライフサイクルを自動化し、管理できます。 より頻繁に、より高品質で、より信頼度の高いアプリケーションを配布しましょう。 リポジトリに接続して数分以内に、ビルドの自動化、クラウド上の実際のデバイスでのテスト、ベータ テスターへのアプリの配布、クラッシュ データや分析データを踏まえた実際の使用状況の監視を行います。 すべてをワンストップで実行できます。
A:Visual Studio App Center は次世代の HockeyApp です。HockeyApp の配布、分析、クラッシュ レポートの機能に基づき、完全な継続的インテグレーションと、配信およびラーニング クラウド ソリューションが備わっています。 さらに、Visual Studio App Center は、あらゆるアプリの配布や管理のニーズに対する Microsoft の最適サービスになります。

詳細情報

A:Visual Studio App Center は次世代の Xamarin Test Cloud であり、Xamarin Test Cloud のすべての機能とそれ以上を含みます。 テスト ユーザーは以前のように Xamarin Test Cloud のすべての同じデバイスと関数を使用でき、さらにデバイス セットやより優れた API などの新機能も使用できます。 テスト ユーザーは以前のように Xamarin Test Cloud のすべての同じデバイスと関数を使用でき、さらにデバイス セットやより優れた API などの新機能も使用できます。
A:請求に関する質問については、ここをクリックとるしてください。 App Center サービスに関する質問については、App Center にログインし、画面の右下隅にある青いチャット アイコンを使用してお問い合わせください。

アカウントと請求

A:Visual Studio App Center は無料で開始できます。 いくつかのサービスは完全に無料であり、その他のすべてのサービスにも Free レベルか無料試用版が用意されています。 価格の詳細についてはこちらを参照してください。
A:価格の詳細についてはこちらを参照してください。 過去に HockeyApp、Xamarin Test Cloud、または Azure Notification Hubs を使用していた場合は、App Center の相当するサービスに対しても、通常は同等かまたはそれよりも少ない費用が想定されます。
A:App Center サービスは Azure サブスクリプションに請求されます。
A:データは 90 日間保持されます。 分析データを 90 日間より長く保持する必要がある場合は、Azure Blob Storage へのエクスポートをお勧めしています。

セキュリティとプライバシー

A:はい。 プライバシー ポリシーはこちらを、利用規約はこちらを参照してください。
A:App Center ではコードのビルドに仮想マシンを使用します。 ビルド専用にプロビジョニングされたクリーンな仮想マシンが用意され、ビルドが終わるとこれは破棄されます。 コード署名のためにアップロードされたファイルと、証明書のパスワードも、サーバーに安全に格納されます。
A:はい。 App Center では個人を特定できる情報 (PII) のアップロードが禁止されていますが、Microsoft では、さまざまなユーザーのテストの実行に対してセキュリティを保証するための措置が取られています。

  • テストの実行中にインストールされたアプリケーションは、すべてアンインストールされます
  • すべてのローカル 記憶域はデバイスからクリアされます
  • デバイスは既定の設定に復元されます

そのため、テストとデータは常にクリーンなデバイス上で実行され、他の顧客に見られるものは何も残りません。

互換性

A:事前構築済みの統合が多数用意されています。それらには Visual Studio Team Services 内のテストと配布ビルド ステップ、および Visual Studio Team Services と Github との自動バグ トラッカー統合などがあります。

機能

A:現在、ビルド配布クラッシュ、および分析は、iOS、Android、UWP アプリでサポートされています。 また、テストは、iOS および Android アプリでサポートされています。 プッシュ通知は iOS、Android、UWP、Windows Phone、React Native、および Xamarin でサポートされます。

近い将来に追加されるプラットフォームについては、パブリック ロードマップを参照してください。

A:そのようなことはまったくありません。 App Center のサービスは統合されたシステムを提供するように設計されていますが、完全にモジュール化されているので、必要なサービスだけ使用して、別のサービスは使いやすいものを使い続けることができます。 200 を超える API とCLI が提供されるので、開発者は必要なサービスとその購入方法を非常に柔軟に選択できます。
A:現在のパブリック ロードマップはこちらを参照してください。 常にお客様のニーズを評価しながらロードマップを調整しています。ご要望があればぜひお知らせください。
A:GitHub、Bitbucket、Visual Studio Team Services でホストされる Git リポジトリが現在サポートされています。 詳細については、「Connecting to a Source Repository」(ソース リポジトリに接続する) を参照してください。
A:GitHub でホストされるリポジトリについては、HTTPS 経由の Git サブモジュールだけがサポートされます。 Bitbucket または Visual Studio Team Services でホストされるリポジトリについては、現在は未認証の Git サブモジュールだけがサポートされています。
A:いいえ。 App Center はセキュリティで保護された Mac のビルド エージェントをクラウド上に自動でプロビジョニングするので、どこでも、いつでも、物理的な Mac に依存せずに iOS アプリをビルドできます。
A:現在、ビルドでは Objective-C、Swift、Java、React Native、Xamarin で記述されたアプリと、UWP アプリがサポートされています。 近い将来に追加される言語については、パブリック ロードマップを参照してください。
A:実用的な品質を最大限保証するために、すべての iOS および Android の UI テストは実際のデバイス上で実行されます。
A:現在は、Appium、Calabash、Espresso、Xamarin.UITest、および XCUITest がサポートされています。 初めてテスト フレームワークを選択するチームは、プラットフォームにネイティブなフレームワークを使用するのが一般的です。

  • Android アプリで使用する Espresso
  • Xamarin クロスプラットフォーム アプリで使用する Xamarin.UITest
  • iOS アプリで使用する XCUITest

Appium は、Appium か Selenium の使用経験があるチームや、クロスプラットフォームによるテストが必要な Xamarin 以外のアプリの開発チームにとって、最適な選択肢となる可能性があります。

A:起動テストとは、ビルドが成功した後のシンプルで省略可能なテストの実行です。できあがったビルドが実際の物理デバイス上で起動できることを保証します。 起動テストは、ビルド サービスを使用するすべての App Center ユーザーが使用可能で、テスト スクリプトは必要ありません。
A:テスターは、電子メール通知を受け取り Web リンクをクリックするだけで、アプリの最新バージョンをインストールできます。 SDK をアプリに統合した場合、アプリを開いたときに新しいバージョンがダウンロード可能であると、テスターはアラートを受け取ります。 テスターはその場ですぐにアプリを更新できます。

パブリック URL 経由でアプリを配布することもできます。 パブリック ダウンロード ページを有効にした場合、URL を持ちプロビジョニング プロファイルに UDID のある人なら誰でも URL からアプリにアクセスし、ダウンロードできます。

A:いいえ、App Center では、アプリのベータ テスターまたはユーザーの数は制限されません。 iOS では、開発者のプログラムに応じて Apple がデバイスの数を制限します。次の質問を参照してください。
A:ビルドの最大サイズは 4 GB です。
A:iOS では、アルファ版、ベータ版、またはエンタープライズ版のビルドを配布するために、Apple の Developer Program に登録する必要はありません。 他に利用可能なプログラムが 2 つあります。

Apple Developer Program では、App Store でのアプリの配布や、テストのためのアドホック配布が可能です。 この種の配布は、デバイスの種類 (iPhone、iPod、iPad、Apple Watch、Apple TV) ごとに 100 個の UDID に制限されています。

Apple Developer Enterprise Program は、UDID を集める必要のない、エンタープライズまたは基幹業務アプリの社内配布を対象とします。 これを使用してアプリを App Store に提出することはできません。

Apple の使用条件に準拠する必要があることに注意してください。

A:すべてのApp Center のデータは 90 日で有効期限が切れますが、App Center Analytics ではすべての分析データを Azure Blob Storage に継続的にエクスポートすることができます。 Azure Blob Storage は、大量の非構造化オブジェクト データ (テキストやバイナリ データなど) を格納するサービスです。データは HTTP または HTTPS を介して世界中のどこからでもアクセスできます。 Blob Storage を使用して、データを世界中にパブリックに公開すること、またはアプリケーション データをプライベートに格納することができます。 Blob Storage にデータをエクスポートすることは、リテンション期間を延ばしたいが、必ずしもかなり頻繁にデータにアクセスする計画があるわけではない場合に最適です。 データは毎分ごとにエクスポートされ、新しいサブフォルダーが作成されます。 データは “年/月/日/時/分” のような形式で格納されます。

App Center では標準エクスポートとカスタム エクスポートの 2 通りのデータ エクスポート方法が提供されます。 標準エクスポートでは、アプリにリンクされた Azure サブスクリプションを使用して、1 クリック操作でデータをエクスポートできます。 カスタム エクスポートではさらなる柔軟性が提供され、構成は Azure でカスタマイズされます。

A:App Center Analytics ではすべての分析データを Azure Application Insights に継続的にエクスポートできます。 Application Insights はアプリケーション パフォーマンス管理 (APM) サービスです。App Center のイベント データに対する照会、セグメント化、フィルター処理、および利用状況分析の機能が提供されます。 App Center SDK をアプリに追加し、データを App Center アプリ タイプの Application Insights リソースにエクスポートすることで、次の機能が使用できるようになります。

  • Application Insights Analytics。 強力なクエリ言語を使用して、生のイベント データを分析し、視覚化を作成します。 クエリの結果を PowerBI または Excel にエクスポートできます。
  • ユーザー、セッション、およびイベント。 アプリの各ページと機能を何人のユーザーが使用しているか調査し、国やブラウザー、またはほかのプロパティによってセグメント化してその理由を理解します。
  • ファネルとユーザー フロー。 ユーザーがアプリをどのように移動するか理解します。 ボトルネックを特定します。 コンバージョン レートを増やす方法を見つけ、問題点を除去します。
  • リテンション期間。 アプリの使用を再開したユーザーの数を検出します。 どこで、またなぜ使用をやめたのか解明します。
  • ブック。 使用状況分析の視覚化と、Application Insights Analytics クエリと、チーム内で洞察を共有するためのテキストを合体した対話型ブックを作成します。
A:はい。 Github または Visual Studio Team Services (VSTS) を使用していて、バグ トラッカーを構成するのに必要な権限がある場合は、App Center によって重大なイベントから問題を自動的に作成し、解決までの時間を短縮できます。 バグ トラッカーの構成に関する具体的な手順については、ここをクリックしてください