Application Insights

アプリ データに対する対話型分析とすぐに使える洞察を使って、Web アプリとサービスの問題を検出、トリアージ、診断します。
無償利用の開始

exceptions

例外とパフォーマンス診断

アプリケーション パフォーマンスの監視

リアルタイム メトリックスを使って、依存関係における要求の負荷、サーバー パフォーマンス カウンター、応答時間を分析します。標準メトリックスを使って多次元分析を取得するか、独自のものを定義します。例外と失敗した要求をイベントやトレースに関連付けて診断します。このデータを使用して、アプリケーションにとって最善の投資を行い、ユーザーとチームに最大の価値をもたらすことができます。

対話型のデータ分析

アドホック クエリと詳細な診断

アプリケーション データに対してアドホック クエリを使用すると、アプリのパフォーマンスや動作に関する調査用の質問をし、瞬時に結果を取得して、問題の根本原因を発見し、ユーザーの振る舞いに関する深い理解が得られます。対話型クエリとフルテキスト検索によって、必要な情報をすばやく簡単に検索できます。
今すぐ分析を試す
Screenshot of Application Insights data analytics

fabricam

事前検出

機械学習に基づく異常検出

機械学習のメリットを活かしてアプリケーション パフォーマンス管理 (APM) ソリューションを最大限に活用し、アプリケーションの利用統計情報を継続的に分析できます。アプリケーションの通常の動作を学習することにより、Application Insights は、サービスの低下または中断を自動的に検出できます。顧客の求める速さで問題に対応できるよう、通知や警告を受け取ることができます。

Azure 診断

アプリケーションの問題の診断

アプリケーションまたはクラウド サービスに影響を与える役割ライフ サイクルの問題 (リサイクル、応答停止、未開始) を積極的に検出し診断します。VM (Windows または Linux) で実行されているアプリの場合、アプリケーション パフォーマンス データと同じスクリーンで、アプリケーションに影響を与える可能性のあるパフォーマンスの問題を追跡します。

azure

Graphic of the DevOps Lifecyle

DevOps ライフサイクル

アプリケーション パフォーマンス データを既存のワークフローに取り込む

開発環境から直接問題を診断し、既存の ALM/DevOps プロセスに監視を組み込みます。Visual Studio 2015 で、IDE からイベントを検索し、実稼働の問題を明らかにし、事前警告を追跡します。要求および例外エクスプローラーを使って問題をドリルダウンし、製品利用統計情報をコード ナビゲーションのサポート機能として使用します。Visual Studio Team Services を使って、Application Insights の Release Management から展開の注釈を表示し、パフォーマンスの変化をビルドに関連付けます。クラウド ロード テストを使用して統合負荷によるパフォーマンスの変化を調査し、作業項目トラッキングで検出されたバグと作業項目を統合します。

Application Insights の概要

あらゆる言語。あらゆる Web プラットフォーム。

Application Insights は、Visual Studio の一部として、ASP.NET 開発者用の自動インストルメンテーションと一緒に提供されます。特に追加の設定をしなくてもそのまま利用でき、アプリケーションに関する重要な利用統計情報が提供されます。これには、利用状況、例外、要求、パフォーマンス、ログが含まれます。Azure ポータルを使って、Azure App Services と Virtual Machines の監視を直接有効にします。あるいは、ASP.NET Web サーバーに Status Monitor をインストールして、パフォーマンス監視を取得します (コードの更新およびアプリケーションの再展開は不要)。
GitHub のオープン ソース SDK を使用して、Java、Ruby、Python、PHP、Node.JS などの言語で記述された Web アプリを監視します。

getstarted