マイクロソフト プレリリース ソフトウェア ライセンス条項

MICROSOFT VISUAL STUDIO 2015 製品ファミリ プレリリース ソフトウェア


マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項 (以下、「本ライセンス条項」といいます) は、お客様と Microsoft Corporation (またはお客様の所在地に応じた関連会社。以下、「マイクロソフト」といいます) との契約を構成します。以下のライセンス条項をお読みください。本ライセンス条項は、上記のプレリリース ソフトウェアおよびソフトウェアが記録されたメディア (以下総称して「本ソフトウェア」といいます) に適用されます。また、本ライセンス条項は本ソフトウェアに関連する下記マイクロソフト製品にも適用されるものとします。

  • 更新プログラム
  • 追加ソフトウェア
  • インターネット ベースのサービス
  • サポート サービス

これらの製品に別途ライセンス条項が付属している場合には、当該ライセンス条項が適用されるものとします。

本ソフトウェアを使用することにより、お客様は本ライセンス条項に同意されたものとします。本ライセンス条項に同意されない場合、本ソフトウェアを使用しないでください。

本ソフトウェアには、データをマイクロソフトに送信する機能が含まれています。お客様は、本ソフトウェアを使用することにより、こうした情報の送信に同意されたものと見なされます。詳細については、以下の「データ」の項をご参照ください。

本ソフトウェアを使用すると、マイクロソフトまたは第三者から、別の条項が付属している他の製品およびサービスを購入、使用、またはかかる製品およびサービスに登録できる場合があります。お客様による他の製品およびサービスの使用には、付属している各条項が適用されます。


お客様がこれらのライセンス条項を遵守することを条件として、お客様には以下が許諾されます。

  1. インストールおよび使用に関する権利。
    • お客様は、評価のみを目的として、本ソフトウェアの任意の部数の複製をインストールして使用し、お客様のプログラムを設計、開発、およびテストできます。本ソフトウェアを Microsoft Azure 上で使用する場合、追加料金および追加条項が適用される場合があります。
    • お客様は、本ソフトウェアを使用して設計または開発を行ったプログラムを導入または頒布することはできません。ただし、本ソフトウェアに含まれる展開テクノロジの評価のみを目的としてお客様のプログラムを内部で導入する場合を除きます。
    • 別途の契約においてマイクロソフトから許諾されない限り、本ソフトウェアを実際の運用環境または公開 Web サイトにおいてテストすることはできません。
  2. 本ソフトウェアで提供される機能に対する追加のライセンス条件および追加の使用権。
    1. 構成部分の分離。 本ソフトウェアのコンポーネントは 1 つの製品として許諾されています。お客様は、本ライセンス条項に別途規定されている場合を除き、コンポーネントを分離し、複数のデバイスにインストールすることはできません。
    2. フォント コンポーネント。 本ソフトウェアの実行中、お客様は本ソフトウェアに付属のフォントを使用してコンテンツを表示および印刷することができます。ただし、以下の用途に限定されます。
      • フォントの埋め込みに関する制限の下で許容される範囲でコンテンツにフォントを埋め込む。
      • プリンターまたは他の出力デバイスにフォントを一時的にダウンロードし、コンテンツの印刷を可能にする。
    3. 含まれるマイクロソフト製プログラム。 本ライセンス条項の第 7 条および第 8 条、または本ソフトウェアに付属している ThirdPartyNotices ファイルに別途規定されている場合を除き、本ライセンス条項は、本ソフトウェアに含まれるすべてのマイクロソフト製プログラムに適用されます。
    4. 第三者のプログラムおよび通知。 本ソフトウェアの一部に適用される、追加の著作権表示およびライセンス条項は、マイクロソフト ソフトウェアに付属している ThirdPartyNotices ファイルに規定されています。ThirdPartyNotices ファイルで特定されている第三者のライセンスの契約条件に加えて、本ライセンス条項のあらゆる保証の免責、ならびに救済手段および責任の制限および除外に関する規定は、この頒布におけるすべてのソフトウェアに適用されるものとします。
    5. Bing Maps。 本ソフトウェアには、地図、航空写真、およびハイブリッド画像の上にデータを重ねて表示したレポートを作成するため、Bing Maps (または後継ブランド) アプリケーション プログラミング インターフェイス (以下、「Bing Maps API」といいます) を使って、地図、画像、およびその他のデータなどのコンテンツを取得する機能が含まれている場合があります。これらの機能が含まれている場合、お客様はこれらの機能を使って動的または静的なドキュメントを作成、および表示することができます。これは、本ソフトウェアと統合されているアクセス方式およびアクセス手段を併用する場合、およびそれらを経由する場合に限り実行できます。その他の方法により、Bing Maps API で利用可能な会社名、住所、ジオコードを含むエンティティ情報のデータベースの複製、格納、アーカイブ、または作成を行うことはできません。センサー ベースの道案内または経路検索機能を提供する Bing Maps API、道路交通情報または鳥瞰図 (または関連メタデータ) は、Bing Maps API で利用可能であっても、いかなる目的であれお客様がこれらを使用することはできません。Bing Maps API および関連コンテンツの使用には、 go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=21969 にある追加の使用条件も適用されます。
    6. 追加のマッピング API。 本ソフトウェアには、Bing で提供されていない地図ならびにその他の関連マッピング機能およびサービスを提供するアプリケーション プログラミング インターフェイス (以下、「追加のマッピング API」といいます) が含まれている場合があります。これらの追加のマッピング API には、追加の契約条件が適用されます。また、かかる追加のマッピング API の使用または使用量に基づいて、マイクロソフトまたは第三者のプロバイダーに料金を支払う必要がある場合があります。追加の契約条件は、かかる追加のマッピング API を使用するために必要なライセンス キーを取得するとき、またはかかる追加のマッピング API の使用に関するドキュメントを確認もしくは受領するときに提供されます。
    7. プッシュ通知。 Microsoft プッシュ通知サービスは、ミッション クリティカルな通知、または医療機器もしくは病状に関する重要な通知を含みますがこれらに限定されない、生死に関わる問題に影響を及ぼす恐れのあるその他の通知を送信するために使用することはできません。マイクロソフトは、MICROSOFT プッシュ通知サービスの使用または MICROSOFT プッシュ通知サービスによる通知の提供が中断せず、エラーが発生しないこと、またはその他リアルタイムで動作することについて、あらゆる保証を明示的に否認します。
    8. Windows.Phone.Speech 名前空間 API。 プログラムにおいて Windows.Phone.Speech 名前空間 API を介して音声認識機能を使用するには、音声認識サービスをサポートする必要があります。このサービスには、認識を行う時点で (たとえば、事前定義された文法を使用する際に) ネットワーク接続が必要な場合があります。また、このサービスでは、サービスの提供および改善のために、音声関連データが収集されることもあります。音声関連データには、たとえば、文法サイズや文法における文字列句に関する情報が含まれる場合があります。

      さらに、電話で音声認識を使用するユーザーは、まず特定の使用条件に同意しなければなりません。かかる使用条件では、サービスの提供および改善のために、ユーザーによる音声認識サービスの使用に関するデータが収集および使用されることが、ユーザーに通知されます。使用条件に同意していないユーザーがアプリケーションで音声認識を試行した場合、かかる処理は行われず、アプリケーションにエラーが返されます。

    9. ロケーション フレームワーク。 本ソフトウェアには、プログラム内でロケーション サービスのサポートを可能にするロケーション フレームワーク コンポーネントが含まれる場合があります。お客様は、ロケーション フレームワーク コンポーネントまたは本ソフトウェアのその他のコンポーネントを使用する場合、本ライセンス条項の他の制限に加えて、適用されるすべての地域の法律および規則を遵守しなければなりません。
    10. デバイス ID アクセス。 本ソフトウェアには、プログラムを実行しているデバイスのデバイス ID にプログラムからアクセスできるようにするコンポーネントが含まれる場合があります。お客様は、デバイス ID アクセス コンポーネントまたは本ソフトウェアのその他のコンポーネントを使用する場合、本ライセンス条項の他の制限に加えて、適用されるすべての地域の法律および規則を遵守しなければなりません。
    11. PlayReady のサポート。 本ソフトウェアには、マイクロソフトの PlayReady コンテンツ アクセス技術を含む Windows Phone Emulator が含まれています。コンテンツ所有者は、著作権で保護されたコンテンツを含む知的財産の保護を支援する目的で、Microsoft PlayReady コンテンツ アクセス技術を使用しています。本ソフトウェアは、PlayReady 技術を使用して、PlayReady で保護されたコンテンツおよびマイクロソフトのデジタル著作権管理 (DRM) で保護されたコンテンツにアクセスします。マイクロソフトは、(i) PlayReady 技術が侵害された場合、または侵害される可能性がある場合、(ii) 予防措置として堅牢性を強化する場合、および (iii) 本ソフトウェアでコンテンツの使用に対して適切な制限を加えることができないため、コンテンツ所有者が無効にするよう要求した場合、を含みますがこれらに限定されない理由で、PlayReady で保護されたコンテンツを使用する本ソフトウェアの機能を無効にすることを決定することがあります。無効にされた場合も、保護されていないコンテンツまたは他のコンテンツ アクセス技術によって保護されたコンテンツは影響を受けません。コンテンツ所有者は、お客様がそのコンテンツにアクセスする前に、PlayReady のアップグレードを要求することがあります。アップグレードを行わない場合、お客様はアップグレードが必要なコンテンツにアクセスできず、他のオペレーティング システム更新プログラムまたはアップグレードをインストールすることもできません。
  3. データ。 本ソフトウェアには、ユーザーのセットアップおよびインストール エクスペリエンスに関する情報、ユーザーのデバイスに関する標準的な情報などのデータをマイクロソフトに送信する特定の機能が含まれています。マイクロソフトは、サービスの提供、ユーザーから要求されたトランザクションの実行、マイクロソフトの製品の改善、およびお客様がマイクロソフトの製品を取得する方法の把握のために、この情報を使用することができます。ユーザーはこれらの機能の多くを停止することができますが、一部の機能は必須です。お客様は、本ソフトウェアを使用することにより、こうした情報の送信に同意されたものと見なされます。こうしたデータの収集を制御する選択肢を含む、これらの機能の詳細については、ヘルプ ドキュメントおよびプライバシーに関する声明 (go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=398505) をご参照ください。
  4. ソフトウェアの使用期限。 本ソフトウェアには使用期限があり、本ソフトウェアに定義されている日付に動作を停止します。お客様には、本ソフトウェア内のメッセージング機能を通じて、かかる日付が定期的に通知される場合があります。本ソフトウェアが動作を停止すると、本ソフトウェアで使用していたデータにアクセスできなくなる場合があります。
  5. プレリリース ソフトウェア。 本ソフトウェアはプレリリース版です。本ソフトウェアの最終版と異なる動作をする場合があります。発売される最終製品版では、機能が変更されることがあります。また、最終製品版が発売されない場合もあります。
  6. フィードバック。 お客様は、マイクロソフトに対して本ソフトウェアに関するフィードバックを提供する場合、その方法や目的を問わず、お客様のフィードバックを使用、共有、および商品化する権利を無償でマイクロソフトに譲渡するものとします。また、お客様はフィードバックを含むマイクロソフトのソフトウェアもしくはサービスの特定部分を使用またはその特定部分と連携する第三者の製品、技術、およびサービスに必要なすべての特許権を無償でそれらの第三者に譲渡するものとします。お客様は、マイクロソフトがお客様のフィードバックをソフトウェアまたはドキュメントに取り入れたことにより、マイクロソフトが第三者に対してソフトウェアまたはドキュメントのライセンスを供与することが求められるようなライセンスの対象となるフィードバックを提供しないものとします。これらの権利は本ライセンス条項の終了後も効力を維持するものとします。
  7. 固有のライセンス条項に基づいてライセンスされるマイクロソフト ソフトウェア コンポーネント。
    • Microsoft SQL Server、Microsoft SharePoint、Windows ソフトウェア開発キット (Windows SDK)、および Microsoft Office のコンポーネント。 本ソフトウェアには、Microsoft SQL Server ソフトウェア、Microsoft SharePoint ソフトウェア (SharePoint Windows Identity Foundation Extensions を含みます)、Windows SDK、および Microsoft Office ソフトウェアの特定のコンポーネントが付属しています。これらのソフトウェア コンポーネントのライセンスはすべて、固有のライセンス条項に基づいてお客様に許諾されます。これらのソフトウェア コンポーネントのライセンス条項は、本ソフトウェアのインストール ディレクトリの「Licenses」フォルダーにあります。お客様は、これらのソフトウェア コンポーネントのライセンス条項に同意されない場合、当該コンポーネントを使用することはできません。
    • Windows コンポーネント。 本ソフトウェアには、Microsoft .NET Framework ソフトウェア、Microsoft Build テクノロジおよびパッケージ テクノロジに関連する特定の .dll、Windows コントロール、リソース解決およびレンダリング テクノロジ、Windows Identity Foundation、Windows Web Services (WWS) for Windows 2008 および JavaScript 用 Windows ライブラリ コンポーネントが含まれます。これらのソフトウェア コンポーネントは Windows の一部であり、別途の Windows ライセンス条項に基づいて、または Windows ライセンスの追加条項として、お客様にライセンス許諾されます。お客様によるこれらの Windows コンポーネントの使用には、該当する Windows 製品の製品ライフサイクル サポートおよびライセンス条項が適用されます。
    • 本ソフトウェアと共に使用するために提供されるマイクロソフト コンポーネント。 本ソフトウェアには、多くのマイクロソフト プラットフォームの開発を可能にするコンパイラ、言語、ランライム、環境、およびその他のリソースが含まれています。Visual Studio を使用するマイクロソフトのお客様の便宜目的のため、本ソフトウェアは、これらのプラットフォームを対象とし、サポートする、特定の Microsoft SDK およびその他のマイクロソフト コンポーネントをインストールする場合があります。これらのコンポーネントは、固有のライセンス条項とポリシーに基づいてライセンス許諾およびサポートされることがあります。これらのソフトウェア コンポーネントのライセンス条項は、本ソフトウェアのインストール ディレクトリの「Licenses」フォルダーにあります。お客様は、これらのソフトウェア コンポーネントのライセンス条項に同意されない場合、当該コンポーネントを使用することはできません。
  8. MICROSOFT .NET FRAMEWORK のベンチマーク テスト。 本ソフトウェアは、.NET Framework のコンポーネント (以下「.NET コンポーネント」といいます) を 1 つ以上含んでいます。お客様は、これらのコンポーネントの内部ベンチマーク テストを実施することができます。お客様は、 go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=66406 に掲載されている条件に従うことによって、これらのコンポーネントのベンチマーク テストの結果を開示できます。マイクロソフトと別途の合意がある場合でも、お客様が当該ベンチマーク テストの結果を開示した場合、マイクロソフトは、 go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=66406 に掲載されている条件と同じ条件に従うことを条件に、該当する .NET コンポーネントと競合するお客様の製品についてマイクロソフトが実施したベンチマーク テストの結果を開示する権利を有します。
  9. パッケージ管理機能および第三者のソフトウェアのインストール機能。 本ソフトウェアには、拡張機能マネージャー、[新しいプロジェクト] ダイアログ ボックス、Web プラットフォーム インストーラー、マイクロソフトの NuGet ベースのパッケージ マネージャー、およびマイクロソフトの ASP.NET Web ページのパッケージ管理機能の各機能 (以下、それぞれを「本機能」といいます) が含まれており、それぞれの本機能はインターネットを介した他のソースからのソフトウェア アプリケーションまたはパッケージの取得を可能にします。本機能を介して利用できるこれらのソフトウェア アプリケーションおよびパッケージは、場合によって、第三者またはマイクロソフトにより提供および頒布されますが、それぞれのアプリケーションまたはパッケージは固有の条項に基づいてお客様に使用許諾されます。マイクロソフトは、それらのいかなる第三者アプリケーションまたはパッケージの頒布および使用許諾も行いませんが、マイクロソフトは、お客様の便宜のため、お客様が本機能を使用して第三者アプリケーションまたはパッケージの提供元から直接当該アプリケーションまたはパッケージを取得することを可能にします。本機能を使用することにより、お客様は、以下の事項を認め、同意するものとします。
    • お客様は、当該第三者から、各アプリケーションまたはパッケージに適用される個別のライセンス条項 (本パッケージ管理機能に関して、当該パッケージに含まれるソフトウェアの付属品に適応されるすべての条項を含む) に基づいて、当該第三者からアプリケーションまたはパッケージを取得していること。
    • マイクロソフトは、フィードもしくはギャラリーの URL、それらの URL からの一切のフィードもしくはギャラリー、それらに含まれる情報、またはお客様がかかるフィードもしくはギャラリーを介して参照もしくはアクセスしたすべてのソフトウェア アプリケーションもしくはパッケージに対して何らの表明、瑕疵担保責任または保証責任を一切負いません。マイクロソフトは、本機能の使用により取得した第三者のソフトウェア アプリケーションまたはパッケージの使用許諾は行いません。
  10. ライセンスの適用範囲。 本ソフトウェアは使用許諾されるものであり、販売されるものではありません。本ライセンス条項は、お客様に本ソフトウェアを使用する限定的な権利を付与します。マイクロソフトはその他の権利をすべて留保します。適用される法令により上記の制限を超える権利が与えられる場合を除き、お客様は本ライセンス条項で明示的に許可された方法でのみ本ソフトウェアを使用することができます。お客様は、使用方法を制限するために本ソフトウェアに組み込まれている技術的制限に従わなければなりません。お客様は、以下を行うことはできません。
    • マイクロソフトの事前の書面による承諾なくして、本ソフトウェアのベンチマーク テストの結果を第三者に開示すること。ただし、この制限は Microsoft .NET Framework には適用されません (第 8 条を参照)。
    • 本ソフトウェアの技術的な制限を回避して使用すること。
    • 本ソフトウェアをリバース エンジニアリング、逆コンパイル、もしくは逆アセンブルすること、またはその他の方法で本ソフトウェアのソース コードの解明を試みること。ただし、(i) この制限にかかわらず、適用される法令により認められている場合、または (ii) 本ソフトウェアに含まれ、本ソフトウェアにおいてリンクされている、GNU Lesser General Public License に基づいてライセンスされているライブラリへの変更をデバッグするために必要な範囲に限りこれらの行為を行う場合を除きます。
    • 本ソフトウェア (本ソフトウェアを通じて入手可能となるコンテンツを含みます) に含まれているロゴ、商標、著作権、電子透かし、またはマイクロソフトもしくはマイクロソフト サプライヤーによるその他の表示を削除、最小化、非表示、または変更すること。
    • 本ソフトウェアのデータ マッピング サービス機能を使って作成されたドキュメント、テキスト、もしくは画像を、共有するかまたはその他の方法で頒布すること。
    • 本ライセンス条項で規定されている数以上の数の本ソフトウェアの複製を作成すること。ただし、適用される法令により認められている場合を除きます。
    • 本ソフトウェア (本ソフトウェアに含まれているアプリケーション プログラミング インターフェイスを含みます) を他者が複製できるように公開すること。
    • 法に反するような方法で本ソフトウェアを使用すること。
    • 本ソフトウェアをレンタル、リース、または貸与すること。
    • 本ソフトウェアを商用ソフトウェア ホスティング サービスで使用すること。
  11. H.264/AVC ビジュアル規格および VC-1 ビデオ規格に関する注意。 本ソフトウェアには、H.264/MPEG-4 AVC および VC-1 ビデオ デコーディング テクノロジが含まれていることがあります。このテクノロジについては、MPEG LA, L.L.C. により以下の注意書きを表示することが義務付けられています。

    本製品は、消費者による個人使用および非商業的使用を前提とし、「AVC PATENT PORTFOLIO LICENSE」および「VC-1 PATENT PORTFOLIO LICENSE」の下、次の用途に限ってライセンスされています。(i) 上記の規格 (以下「ビデオ規格」といいます) に従ってビデオをエンコードすること、または (ii) 個人使用および非商業的活動に従事する消費者がエンコードした AVC および VC-1 ビデオをデコードする、もしくは、かかるビデオを提供するライセンスを有するビデオ プロバイダーから取得した AVC および VC-1 ビデオをデコードすること。本ライセンスは、本ソフトウェアと共に単一の製品に含まれているかどうかにかかわらず、他の製品に適用されることはありません。その他の用途については、明示か黙示かを問わず、いかなるライセンスも許諾されません。詳細については、MPEG LA, L.L.C. から入手できます。 WWW.MPEGLA.COM をご参照ください。

    本注意書は、説明のみを目的とし、以下のいずれも含まない通常の個人的な業務において、本ソフトウェアの使用を制限または抑制するものではありません。(i) ソフトウェアの第三者への再頒布、または (ii) 第三者に頒布するためのビデオ規格に準拠したコンテンツの作成。

  12. 輸出規制。 本ソフトウェアは米国および日本国の輸出に関する規制の対象となります。お客様は、本ソフトウェアに適用されるすべての国内法および国際法 (輸出対象国、エンド ユーザーおよびエンド ユーザーによる使用に関する制限を含みます) を遵守しなければなりません。詳細については www.microsoft.com/japan/exporting をご参照ください。
  13. サポート サービス。 本ソフトウェアは現状有姿で提供されます。そのため、マイクロソフトはサポート サービスを提供しない場合があります。
  14. 完全合意。 本ライセンス条項およびお客様が使用する追加ソフトウェア、更新プログラム、インターネット ベースのサービス、ならびにサポート サービスに関する条項は、本ソフトウェアおよびサポート サービスについてのお客様とマイクロソフトとの間の完全なる合意です。
  15. 準拠法。
    1. 米国。 お客様が本ソフトウェアを米国内で入手された場合、抵触法に関わらず、本ライセンス条項の解釈および契約違反への主張は、米国ワシントン州法に準拠するものとします。消費者保護法、公正取引法、および違法行為を含みますがこれに限定されない他の主張については、お客様が所在する地域の法律に準拠します。
    2. 日本および米国以外。 お客様が本ソフトウェアを日本国および米国以外の国で入手された場合、本ライセンス条項は適用される地域法に準拠するものとします。
  16. 法的効力。 本ライセンス条項は、特定の法的な権利を規定します。お客様は、地域や国によっては、本ライセンス条項の定めにかかわらず、本ライセンス条項と異なる権利を有する場合があります。また、お客様は本ソフトウェアの取得取引の相手方に対して権利を取得できる場合もあります。本ライセンス条項は、お客様の地域または国の法律により権利の拡大が認められない限り、それらの権利を変更しないものとします。
  17. あらゆる保証の免責。本ソフトウェアは、現状有姿のまま瑕疵を問わない条件で提供されます。本ソフトウェアの使用に伴う危険は、お客様の負担とします。マイクロソフトは、明示的な瑕疵担保責任または保証責任を一切負いません。本ライセンス条項では変更できないお客様の地域の法律による追加の消費者の権利が存在する場合があります。お客様の地域の国内法等によって認められる限り、マイクロソフトは、商品性、特定目的に対する適合性、および侵害の不存在に関する瑕疵担保責任または黙示の保証責任を負いません。

    オーストラリア限定。お客様は、オーストラリア消費者法に基づく法定保証を有し、これらの条項は、それらの権利に影響を与えることを意図するものではありません。

  18. 救済手段および責任の制限および除外。マイクロソフトおよびそのサプライヤーの責任は、5.00 米ドルを上限とする直接損害に限定されます。その他の損害 (派生的損害、逸失利益、特別損害、間接損害、および付随的損害を含みますがこれらに限定されません) に関しては、一切責任を負いません。

    この制限は、以下に適用されるものとします。

    • 本ソフトウェア、サービス、第三者のインターネットのサイト上のコンテンツ (コードを含みます)、または第三者のプログラムに関連した事項
    • 契約違反、保証違反、厳格責任、過失、または不法行為等の請求 (適用される法令により認められている範囲において)

    この制限は、マイクロソフトが損害の可能性を認識していたか、または認識し得た場合にも適用されます。また、一部の国では付随的損害および派生的損害の免責、または責任の制限が認められないため、上記の制限事項が適用されない場合があります。

EULAID: VS2015_CTP_EVAL_VS_JPN