マイクロソフト プレリリース ソフトウェア ライセンス条項

MICROSOFT VISUAL C++ CROSS-PLATFORM MOBILE DEVELOPMENT (IOS)


マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項 (以下、「本ライセンス条項」といいます) は、お客様と Microsoft Corporation (またはお客様の所在地に応じた関連会社。以下、「マイクロソフト」といいます) との契約を構成します。以下のライセンス条項をお読みください。本ライセンス条項は、上記のプレリリース ソフトウェアおよびソフトウェアが記録されたメディア (以下総称して「本ソフトウェア」といいます) に適用されます。また、本ライセンス条項は本ソフトウェアに関連する下記マイクロソフト製品にも適用されるものとします。

  • 更新プログラム
  • 追加ソフトウェア
  • インターネット ベースのサービス
  • サポート サービス

これらの製品に別途ライセンス条項が付属している場合には、当該ライセンス条項が適用されるものとします。

本ソフトウェアを使用することにより、お客様は本ライセンス条項に同意されたものとします。本ライセンス条項に同意されない場合、本ソフトウェアを使用しないでください。


お客様が本ライセンス条項を遵守することを条件に、お客様には以下が許諾されます。

  1. インストールおよび使用に関する権利。
    1. インストールおよび使用。
      • 本ソフトウェアの任意の部数の複製をお客様の事業所でインストールして使用し、本ソフトウェアで使用するお客様のプログラムを設計、開発、およびテストできます。
  2. コンポーネント別の条件。
    1. パッケージ マネージャー。 本ソフトウェアには、NuGet などのパッケージ マネージャーが含まれています。パッケージ マネージャーを使用すると、お客様のアプリケーションと共に使用することを目的として、マイクロソフトおよび第三者の他のソフトウェア パッケージをダウンロードすることができます。これらのパッケージには、本ライセンス条項ではなく、固有のライセンス条項が適用されます。マイクロソフトは、第三者のパッケージについて、頒布、ライセンス許諾、または保証を一切行いません。
    2. 第三者のコンポーネント。
      1. 本ソフトウェアには、本ソフトウェアに付属している ThirdPartyNotices ファイルに規定されているとおり、別途の法律上の通知が付属し、別途のライセンス条項が適用される、第三者のコンポーネントが含まれている場合があります。かかるコンポーネントに別途のライセンス条項が適用される場合でも、下記の免責事項ならびに損害に関する制限および除外は併せて適用されるものとします。
      2. 本ソフトウェアには、ソース コード公開義務のあるオープンソース ライセンスに基づいてライセンスされる、第三者が著作権を有するソフトウェアが含まれます。これらのライセンスの複製は、ThirdPartyNotices ファイルまたは付属の通知ファイルに含まれています。お客様は、当該オープンソース ライセンスで求められているとおり、5.00 米ドルの郵便為替または小切手を次の宛先に送付することにより、対応するソース コード一式をマイクロソフトから取得することができます。Source Code Compliance Team, Microsoft Corporation, 1 Microsoft Way, Redmond, WA 98052, USA。支払の備考欄には、「source code for Microsoft Visual C++ Cross-Platform Mobile Development (IOS)」と記載してください。ソースの複製は、 aka.ms/getsource から取得することもできます。
  3. 有効期間。 本契約は、2016 年 4 月 12 日または本ソフトウェアの完成版の発売日のうちのいずれかの事由が発生したときに終了します。
  4. プレリリース ソフトウェア。 本ソフトウェアはプレリリース版です。本ソフトウェアの最終版と異なる動作をする場合があります。発売される最終製品版では、機能が変更されることがあります。また、最終製品版が発売されない場合もあります。
  5. フィードバック。 お客様は、マイクロソフトに対して本ソフトウェアに関するフィードバックを提供する場合、その方法や目的を問わず、お客様のフィードバックを使用、共有、および商品化する権利を無償でマイクロソフトに譲渡するものとします。また、お客様はフィードバックを含むマイクロソフトのソフトウェアもしくはサービスの特定部分を使用またはその特定部分と連携する第三者の製品、技術、およびサービスに必要なすべての特許権を無償でそれらの第三者に譲渡するものとします。お客様は、マイクロソフトがお客様のフィードバックをソフトウェアまたはドキュメントに取り入れたことにより、マイクロソフトが第三者に対してソフトウェアまたはドキュメントのライセンスを供与することが求められるようなライセンスの対象となるフィードバックを提供しないものとします。これらの権利は本ライセンス条項の終了後も効力を維持するものとします。
  6. ライセンスの適用範囲。 本ソフトウェアは使用許諾されるものであり、販売されるものではありません。本ライセンス条項は、お客様に本ソフトウェアを使用する限定的な権利を付与します。マイクロソフトはその他の権利をすべて留保します。適用される法令により上記の制限を超える権利が与えられる場合を除き、お客様は本ライセンス条項で明示的に許可された方法でのみ本ソフトウェアを使用することができます。お客様は、使用方法を制限するために本ソフトウェアに組み込まれている技術的制限に従わなければなりません。お客様は、以下を行うことはできません。
    • 本ソフトウェアの技術的な制限を回避して使用すること。
    • 本ソフトウェアをリバース エンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすること。ただし、適用される法令により明示的に認められている場合を除きます。
    • 本ライセンス条項で規定されている数以上の数の本ソフトウェアの複製を作成すること。ただし、適用される法令により認められている場合を除きます。
    • 第三者が複製できるように本ソフトウェアを公開すること。
    • 本ソフトウェアをレンタル、リース、または貸与すること。
    • 本ソフトウェアまたは本ライセンス条項を第三者に譲渡すること。
    • 本ソフトウェアを商用ソフトウェア ホスティング サービスで使用すること。
  7. 輸出規制。 本ソフトウェアは米国および日本国の輸出に関する規制の対象となります。お客様は、本ソフトウェアに適用されるすべての国内法および国際法 (輸出対象国、エンド ユーザーおよびエンド ユーザーによる使用に関する制限を含みます) を遵守しなければなりません。詳細については www.microsoft.com/japan/exporting をご参照ください。
  8. サポート サービス。 本ソフトウェアは現状有姿で提供されます。そのため、マイクロソフトはサポート サービスを提供しない場合があります。
  9. 完全合意。 本ライセンス条項およびお客様が使用する追加ソフトウェア、更新プログラム、インターネット ベースのサービス、ならびにサポート サービスに関する条項は、本ソフトウェアおよびサポート サービスについてのお客様とマイクロソフトとの間の完全なる合意です。
  10. 準拠法。
    1. 日本。 お客様が本ソフトウェアを日本国内で入手された場合、本ライセンス条項は日本法に準拠するものとします。
    2. 米国。 お客様が本ソフトウェアをアメリカ合衆国内で入手された場合、抵触法に関わらず、本ライセンス条項の解釈および契約違反への主張は、アメリカ合衆国ワシントン州法に準拠するものとします。消費者保護法、公正取引法、および違法行為を含みますがこれに限定されない他の主張については、お客様が所在する地域の法律に準拠します。
    3. 日本及び米国以外。 お客様が本ソフトウェアを日本国及びアメリカ合衆国以外の国で入手された場合、本ライセンス条項は適用される地域法に準拠するものとします。
  11. 法的効力。 本ライセンス条項は、一定の法的な権利を規定します。お客様は、地域や国によっては、本ライセンス条項の定めにかかわらず、本ライセンス条項と異なる権利を有する場合があります。また、お客様は本ソフトウェアの取得取引の相手方に対して権利を取得できる場合もあります。本ライセンス条項は、お客様の地域または国の法律により権利の拡大が認められない限り、それらの権利を変更しないものとします。
  12. あらゆる保証の免責。本ソフトウェアは、現状有姿のまま瑕疵を問わない条件で提供されます。本ソフトウェアの使用に伴う危険は、お客様の負担とします。マイクロソフトは、明示的な瑕疵担保責任または保証責任を一切負いません。本ライセンス条項では変更できないお客様の地域の法律による追加の消費者の権利または法定保証が存在する場合があります。お客様の地域の国内法等によって認められる限り、マイクロソフトは、商品性、特定目的に対する適合性、および権利侵害の不存在に関する瑕疵担保責任または黙示の保証責任を負いません。

    オーストラリア限定。お客様は、オーストラリア消費者法に基づく法定保証を有し、これらの条項は、それらの権利に影響を与えることを意図するものではありません。

  13. 救済手段および責任の制限および除外。マイクロソフトおよびそのサプライヤーの責任は、5.00 米ドルを上限とする直接損害に限定されます。その他の損害 (結果的損害、逸失利益、特別損害、間接損害、および付随的損害を含みますがこれらに限定されません) に関しては、一切責任を負いません。

    この制限は、以下に適用されるものとします。

    • 本ソフトウェア、サービス、第三者のインターネットのサイト上のコンテンツ (コードを含みます)、または第三者のプログラムに関連した事項
    • 契約違反、保証違反、厳格責任、過失、または不法行為等の請求 (適用される法令により認められている範囲において)

    この制限は、マイクロソフトが損害の可能性を認識していたか、または認識し得た場合にも適用されます。また、一部の国では付随的損害および結果的損害の免責、または責任の制限が認められないため、上記の制限事項が適用されない場合があります。