Feedback

リリース ノート | Visual Studio Team Services 2018-03-09T16:14:19+00:00

Visual Studio Team Services のリリース ノート

配置グループとビルド完了トリガー – VSTS Sprint 132 Update

By Gopinath Chigakkagari

Visual Studio Team Services (VSTS) の Sprint 132 Update には、ビルドとリリース パイプラインのスケーリングに役立つ主要機能がいくつか追加されています。 ビルドに関しては、さまざまなチームが所有する関連ビルドを連鎖させるビルド完了トリガーを新たに使用できるようになりました。リリースに関しては、配置グループ機能が一般提供されます。この機能を使えば、運用環境を含め、高可用性を備えた複数の仮想マシン間で配置をスケーリングできます。 その他の特徴は次のとおりです。

不安定なテストを識別して拡張機能のインストール エクスペリエンスを改善する – VSTS スプリント 127 更新プログラム

By Ravi Shanker

Visual Studio Team Services (VSTS) のスプリント 127 更新プログラムでは、テスト結果と実行の管理に役立つ新機能と、エコシステムからさらに多くの価値を引き出す Marketplace の新しいエクスペリエンスが追加されます。 詳細については、以下のテストMarketplace の機能強化をお読みください。 その他の主要機能は次のとおりです。

Azure DevOps プロジェクト、YAML ビルド、ゲート リリース、ホストされた Mac エージェント - VSTS スプリント 126 更新プログラム

By Jamie Cool

Visual Studio Team Services (VSTS) のスプリント 126 更新プログラムでは、Microsoft Connect(); 2017 イベントで発表された機能の多くを公開します。 この更新は、機能の多さだけではなく、お使いの言語とプラットフォームでの DevOps の旅の進展に多大な影響を与えるという意味でも、これまでで最大のリリースです。

クラウド サービスを使用する

無償利用の開始

自分でホストする

評価版をダウンロードする