Visual Studio 入門

Visual Studio をインストールする必要がある場合は、前の記事を参照してください。

Visual Studio 2017 でアプリをビルドする

投稿者: Nicole Bruck

ステップ 1:作成

“Hello, World!” を表示する ASP.NET Web アプリを作成します。”

  • [ファイル] → [新規作成] → [プロジェクト] の順に選択します

 

  • [Web] の下で、”ASP.NET Web アプリケーション” というプロジェクトの種類を選び、プロジェクトに“HelloWorld” という名前を付けます。
をクリックする” open=”no”]

 

  • ようこそ!

ステップ 2: 編集

Web アプリのタイトルを編集して、新しいメッセージを表示するようにします。

プロジェクトのウェルカム ページには、作業を始めるのに役立つリンクがいくつか表示されています。  このページからすぐにプロジェクトを実行すると、このページが Web サイトの既定のページになるため、ページがどのように構築されるのかについて掘り下げて調べることができます。  ここでは、簡潔にするために、シンプルなページをプロジェクトに追加します。

  • ソリューション エクスプローラーで、プロジェクト “Hello World” を右クリックし、[追加] メニューのオプションを展開し、HTML ページを選択し、ページ名として「HelloWorld」を入力します。
  • 新しいページがエディターに読み込まれて、既定でフォーカスが当たります。読み込まれない場合は、右上のソリューション エクスプローラーからページを探してダブルクリックします (シングルクリックすると、一時的なプレビューがエディター ウィンドウに表示されます)。
  • この新しいページでは、タイトルを更新し、本文にいくつか行を追加し、フッターを追加します。  必要に応じて、さらに編集することもできます。

ステップ 3:ビルドと実行

次に、プロジェクトをビルドして、すべてのコードが確実に動作するか確認できるようにします。

  • 開始ボタンにはドロップダウンがあり、Web サイトを起動するために使う既定のブラウザーを選ぶことができます (実行する新しいブラウザーを追加することもできます)。
開始ボタン (ブラウザー名の横にある緑色の矢印) をクリックすると、指定したブラウザーにサイトの内容が取り込まれて表示されます。

  • この新しいページがアクティブなタブにあることに注目してください。プロジェクトに付属のページは、他のタブにあります。

 

  • また、ブラウザー ウィンドウを閉じても、Web サイトは中止されないことにご注意ください。  編集モードに戻るには、赤い四角をクリックして、デバッグ セッションを終了する必要があります。  パフォーマンス ウィンドウが表示されていれば、サイトがまだ実行されているということです。右側に表示されているウィンドウです。

ここまでで、ページを立ち上げて、ローカルで動作させる方法がわかりました。  この後は、既定のページに記載されているヒントやリンクを参考にして、より複雑なアプリケーションを作成したり、サービスを追加したり、Azure に配置することもできます。



デバッグ機能を試す準備が整ったら、次の記事に進んでください:デバッグなど