Visual Studio 2017 (バージョン 15.1) リリース ノート

Last Update: 2017/05/15

注: これは Visual Studio 2017 の最新バージョンではありません。 最新のリリースをダウンロードするには、Visual Studio 2017 の最新のリリース ノート、または「ダウンロード」ページを参照してください。

この記事では、Visual Studio 2017 (バージョン 15.1) のリリースに関する情報を紹介します。

フィードバック

皆様のご意見をお待ちしております。 問題がございましたら、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の [問題の報告] オプションからお知らせください。 オプションは、右上隅に表示されています。 お客様のフィードバックは、開発者コミュニティ ポータルで追跡することができます。 ご意見やご要望は、UserVoice からお寄せください。


リリース日: 2017 年 4 月 17 日 - バージョン 15.1 (26403.07)

このリリースで修正された問題

以下は、ユーザーから報告され、このバージョンで対処された問題です。

このバージョンで対処されたその他の問題:

  • インターネット アクセスのない環境でオフライン レイアウトからインストールすると、更新の通知が届かない。 これは、オフライン レイアウトを使用して、最新バージョンに更新するときにも当てはまります。

リリース日: 2017 年 4 月 10 日 - バージョン 15.1 (26403.03)

このリリースで修正された問題

以下は、ユーザーから報告され、このバージョンで対処された問題です。


リリース日: 2017 年 4 月 5 日 - バージョン 15.1 (26403.00)

このリリースの更新の概要

  • 新しいチーム エクスプローラーのスタンドアロン インストール。
  • ユニバーサル Windows アプリ開発用ツール - Windows 10 Creators Update (バージョン 1703) 用 UWP アプリを開発するためのサポート。
  • Microsoft アカウントにサインアップしてサインイン - 最初の起動ダイアログ ボックスから 1 つの手順でできるようになりました。
  • インストーラーの信頼性とアクセシビリティの問題点が解決されました。
  • レイアウト インストーラーのエクスペリエンスが向上しました。 インストーラーが InstallRecommended と InstallOptional を適切に優先するようになりました。

このリリースで修正された問題

The Developer Community Portalユーザーから報告され、バージョン 15.1 で対処された問題についてご覧ください。

このリリースの新機能

新しいチーム エクスプローラーのスタンドアロン インストール

Visual Studio Team Explorer 2017 は、Team Foundation Server と Visual Studio Team Services へのアクセスに使用できる高機能なスタンドアロン クライアントです (図 1)。 すべてのユーザーが無料で使用できます。 このインストールにはチーム エクスプローラーのみが含まれているので、他の IDE コンポーネントなしでバージョン コントロールと作業項目の追跡にアクセスできます。

Team Explorer

(図 1) チーム エクスプローラー

ユニバーサル Windows アプリ開発用ツール

ユニバーサル Windows アプリのワークロードに Creators Update SDK (10.0.15063) が追加されたため、Windows 10 Creators Update (バージョン 1703) 用アプリをビルドできるようになりました。 さらに、このリリースには次の機能強化が含まれています。

  • Windows 10 SDK と Creators Update SDK は、サイド バイ サイド インストールされます。 これにより、1 台のコンピューターを使用して、リリース バージョンの SDK をターゲットにした運用環境用のアプリをビルドし、さらにプレビュー バージョンの Windows SDK に搭載されている新しい OS 機能もテストすることができます。
  • PackageReference を使用して package.config と package.json を置き換えることで NuGet のパッケージ管理が改善されました。
  • .NET ネイティブ コンパイラが強化され、NuGet パッケージとして提供されるようになりました。
  • Visual Studio の XAML コントロール用ツールのサポートが改善され、NuGet パッケージとして提供されるようになりました。
  • XAML エディターの IntelliSense で、アプリがターゲットにしている SDK のバージョンでサポートされていない XAML の型とプロパティが強調表示されるようになりました。

詳細については、「Creators Update SDK support in Visual Studio 2017」(Visual Studio 2017 の Creators Update SDK のサポート) を参照してください。


最新のリリース ノートをご覧ください

The Developer Community Portal ユーザーから報告され、Visual Studio 2017 (バージョン 15.2) で修正された問題をご覧ください。

Visual Studio 2017 (バージョン 15.0) リリース ノートをご覧ください

The Developer Community Portal ユーザーから報告され、Visual Studio 2017 (バージョン 15.0) で修正された問題をご覧ください。

既知の問題

Visual Studio 2017 の既存のすべての既知の問題と、利用可能な回避策を参照してください。